【ビジネスマナーの基本】謙譲語(けんじょうご)一覧

今回は謙譲語の基本的な使い方を解説していきます。謙譲語は、尊敬語との使い分けが難しいと感じる方も多いと思いますが、敬語を使いこなせるだけで話し相手の印象はグッと良くなります。正しい敬語を覚えて、ビジネスシーンで活用してくださいね。それでははじめます!

謙譲語とは

謙譲語とは、「話し手が、自分または自分の側に立つと思われるものや動作を、へりくだって言い表す表現をすることにより、聞き手や話中の人に対して敬意を表す語法」です。尊敬語と謙譲語は混合しがちですが、似て非なるもの。それぞれで使用する対象が異なるため、使い方を間違うと聞き手に対して失礼になる場合もあります。ビジネスを有利に働かせるためにも、正しい敬語を身につけましょう。それでは謙譲語のパターンを見ていきましょう。

【謙譲語の基本的な使い方】

《動詞》

 ① 「お○○する」「ご○○する」の形
 例 社長をお送りする。先生にご報告する。
 ② 「お○○いただく」「ご○○いただく」の形
 例 先生にお読み頂く。先生にご来館いただく。
 ③ 「お○○申し上げる」「ご○○申し上げる」の形
 例 先生をご案内申し上げる。
 ④ 言葉自体を言い換える
 例 言う→申し上げる。見る→拝見する。知る→存じ上げる。

 

《名詞》

 ① 「粗」「拙」「弊」「愚」などをつける
 例 粗品、粗茶、拙宅、弊社、愚兄

謙譲語で気をつけたいのは、言葉自体を言い換えて表現するときです。上記の例でもあるように、言葉自体を覚えていないと必要なときに出てきません。「拝見する」や「拝聴する」など、言い換えが必要な謙譲語の動詞は丸暗記するくらいで丁度いいでしょう。これらの表現をちゃんと使えるようになると、ビジネスで顧客に与える印象も良くなります。それでは次に、基本的な謙譲語の一覧を見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

    出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが…
  2. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…
  3. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  2. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  3. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  4. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
ページ上部へ戻る