二重敬語のよくある間違い一覧

ビジネスシーンでコミュニケーションを円滑に進めるために、敬語は外すことのできない必須のツールです。ですが、さまざまな場面に応じて、瞬時に適切な敬語を使って対応することは慣れないと難しいものです。特に間違いやすい敬語で挙げられるのが二重敬語ですが、相手に敬意を使っているはずの言葉が、実は失礼な伝え方をしてしまっている場合もあります。今回は、間違って使いやすい二重敬語について解説していきます。

①社長様

× 社長様 ⇒ ◯ 社長

「様」を付けないことに抵抗がある方も多いと思いますが、「社長」という役職名自体が敬称のため、様を加えると二重敬語になってしまいます。「部長」や「課長」も同様に敬語となります。「社長の○○様」という言い方でも正しいので、使い分けるとよいでしょう。ただし、顧客に対して「社長殿」の表現はNGです。「殿」は目上から目下に使う表現のため、気を付けましょう。

②各位様

× 各位様 ⇒ ◯ 各位

「各位」は、「皆様」という意味の敬称です。そのため、「様」を加えると二重敬語になってしまいます。以前は「各位」を目上の人に使うことは失礼にあたると言われていましたが、「各位」そのものが敬称のため、問題ありません。「関係者各位」「担当各位」などの使い方をしましょう。

③株式会社様 御中

× 株式会社様 御中 ⇒ ◯ 株式会社 御中

「様」という敬語は、個人名のみに用います。相手の会社や部署に対して使用するときは、「御中」が正しい表現となります。ただし話すときは、「御中」を使ってはいけません。「御社」や「貴社」と伝えましょう。

④うかがわせていただきます

× うかがわせていただきます ⇒ ◯ うかがいます

「うかがう」も「いただきます」も謙譲語のため、この使い方だと二重敬語になってしまいます。この表現はビジネスシーンで定着しており、容認されているような感覚がありますが、間違いです。「これくらいなら間違っても大丈夫だろう」と思わず、しっかり身につけましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  2. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  3. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
  2. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  3. 第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度…
  4. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  5. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  6. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
ページ上部へ戻る