二重敬語のよくある間違い一覧

ビジネスシーンでコミュニケーションを円滑に進めるために、敬語は外すことのできない必須のツールです。ですが、さまざまな場面に応じて、瞬時に適切な敬語を使って対応することは慣れないと難しいものです。特に間違いやすい敬語で挙げられるのが二重敬語ですが、相手に敬意を使っているはずの言葉が、実は失礼な伝え方をしてしまっている場合もあります。今回は、間違って使いやすい二重敬語について解説していきます。

①社長様

× 社長様 ⇒ ◯ 社長

「様」を付けないことに抵抗がある方も多いと思いますが、「社長」という役職名自体が敬称のため、様を加えると二重敬語になってしまいます。「部長」や「課長」も同様に敬語となります。「社長の○○様」という言い方でも正しいので、使い分けるとよいでしょう。ただし、顧客に対して「社長殿」の表現はNGです。「殿」は目上から目下に使う表現のため、気を付けましょう。

②各位様

× 各位様 ⇒ ◯ 各位

「各位」は、「皆様」という意味の敬称です。そのため、「様」を加えると二重敬語になってしまいます。以前は「各位」を目上の人に使うことは失礼にあたると言われていましたが、「各位」そのものが敬称のため、問題ありません。「関係者各位」「担当各位」などの使い方をしましょう。

③株式会社様 御中

× 株式会社様 御中 ⇒ ◯ 株式会社 御中

「様」という敬語は、個人名のみに用います。相手の会社や部署に対して使用するときは、「御中」が正しい表現となります。ただし話すときは、「御中」を使ってはいけません。「御社」や「貴社」と伝えましょう。

④うかがわせていただきます

× うかがわせていただきます ⇒ ◯ うかがいます

「うかがう」も「いただきます」も謙譲語のため、この使い方だと二重敬語になってしまいます。この表現はビジネスシーンで定着しており、容認されているような感覚がありますが、間違いです。「これくらいなら間違っても大丈夫だろう」と思わず、しっかり身につけましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…
  2. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  3. 口下手な営業マンが成果を出す3つの方法

    デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  2. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  3. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
  4. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  5. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  6. この記事をご覧になっている方は「部下から毎回のように質問攻めにあい、ほとほと困っている」という方が多…
ページ上部へ戻る