二重敬語のよくある間違い一覧

ビジネスシーンでコミュニケーションを円滑に進めるために、敬語は外すことのできない必須のツールです。ですが、さまざまな場面に応じて、瞬時に適切な敬語を使って対応することは慣れないと難しいものです。特に間違いやすい敬語で挙げられるのが二重敬語ですが、相手に敬意を使っているはずの言葉が、実は失礼な伝え方をしてしまっている場合もあります。今回は、間違って使いやすい二重敬語について解説していきます。

①社長様

× 社長様 ⇒ ◯ 社長

「様」を付けないことに抵抗がある方も多いと思いますが、「社長」という役職名自体が敬称のため、様を加えると二重敬語になってしまいます。「部長」や「課長」も同様に敬語となります。「社長の○○様」という言い方でも正しいので、使い分けるとよいでしょう。ただし、顧客に対して「社長殿」の表現はNGです。「殿」は目上から目下に使う表現のため、気を付けましょう。

②各位様

× 各位様 ⇒ ◯ 各位

「各位」は、「皆様」という意味の敬称です。そのため、「様」を加えると二重敬語になってしまいます。以前は「各位」を目上の人に使うことは失礼にあたると言われていましたが、「各位」そのものが敬称のため、問題ありません。「関係者各位」「担当各位」などの使い方をしましょう。

③株式会社様 御中

× 株式会社様 御中 ⇒ ◯ 株式会社 御中

「様」という敬語は、個人名のみに用います。相手の会社や部署に対して使用するときは、「御中」が正しい表現となります。ただし話すときは、「御中」を使ってはいけません。「御社」や「貴社」と伝えましょう。

④うかがわせていただきます

× うかがわせていただきます ⇒ ◯ うかがいます

「うかがう」も「いただきます」も謙譲語のため、この使い方だと二重敬語になってしまいます。この表現はビジネスシーンで定着しており、容認されているような感覚がありますが、間違いです。「これくらいなら間違っても大丈夫だろう」と思わず、しっかり身につけましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 頭の回転が速い人の特徴

    頭の回転が速い人の8つの特徴

    頭の回転が速い人は、ビジネスシーンや日常生活などの様々な場面で一目置かれ、周囲から頼りにされます。特…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  2. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  3. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  4. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  5. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  6. 面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅め…
ページ上部へ戻る