ビジネスで必須の基本的な尊敬語一覧

敬語は、ビジネスシーンでコミュニケーションを取る上での必要不可欠なマナーです。敬語には尊敬語や謙譲語があり、場面に応じて使い分ける必要がありますが、大事なときにどのように表現をしたら良いか出てこないときもあるのではないでしょうか?今回は、敬語の中でも最も身近な「尊敬語」について解説していきます。しっかり理解して、立派なビジネスマンの仲間入りをしましょう!

尊敬語とは

尊敬語とは、目上の人を敬い、自分よりも相手の立場を上にする言い方です。尊敬語を使う対象は「人」だけでなく、「相手の動作」や「所有」「所属する場所」なども含まれるのですが、いまいちピンとこない方もいると思うので、尊敬語の基本的な使い方について、それぞれの例を見ていきましょう。

【尊敬語の例】

  • 人:「あなた=貴殿、この人=この方、その人=そちらさま」など、相手を敬って使う言葉です。
  • 相手の動作:「飛行機にお乗りになる」では、「乗る」動作を敬って使っています。
  • 所有:「お名前、ご家族、お写真」など名詞の前に「お」や「ご」を付ける言い方です。
  • 所属する場所:相手の会社のことは「貴社」や「御社」という言い方をします。

ここまで理解できましたか?相手を敬って伝える対象はご説明した通り、人以外も含まれるのですが、実は尊敬語にも品詞ごとに方程式があります。パターンは大きく分けて6つあるので見ていきましょう。

【尊敬語の基本的な使い方】

《動詞》
  ①  動詞+「れる」「られる」
  ② 「お」「ご」+動詞+「なる」「なさる」「くださる」
  ③ 言葉自体を言い換える
《形容動詞・形容詞》
  ① 「お」「ご」をつける
《名詞》
  ① 「お」「ご」をつける
  ② 「貴」「御」「高」などをつける

 品詞ごとの方程式を覚えておくと、言葉の言い回しに迷ったときに便利です。パターンはシンプルなので、このタイミングで是非覚えてくださいね。 それでは続いて、基本的な尊敬語について解説していきます。どの尊敬語もビジネスシーンで必須の言葉ですが、使いこなせると話し相手に対する自分の印象もグッと良くなるので、暗記するくらいで覚えておきましょう。それでははじめます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  2. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  3. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  2. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  3. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  4. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  5. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  6. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
ページ上部へ戻る