ビジネスで必須の基本的な尊敬語一覧

敬語は、ビジネスシーンでコミュニケーションを取る上での必要不可欠なマナーです。敬語には尊敬語や謙譲語があり、場面に応じて使い分ける必要がありますが、大事なときにどのように表現をしたら良いか出てこないときもあるのではないでしょうか?今回は、敬語の中でも最も身近な「尊敬語」について解説していきます。しっかり理解して、立派なビジネスマンの仲間入りをしましょう!

尊敬語とは

尊敬語とは、目上の人を敬い、自分よりも相手の立場を上にする言い方です。尊敬語を使う対象は「人」だけでなく、「相手の動作」や「所有」「所属する場所」なども含まれるのですが、いまいちピンとこない方もいると思うので、尊敬語の基本的な使い方について、それぞれの例を見ていきましょう。

【尊敬語の例】

  • 人:「あなた=貴殿、この人=この方、その人=そちらさま」など、相手を敬って使う言葉です。
  • 相手の動作:「飛行機にお乗りになる」では、「乗る」動作を敬って使っています。
  • 所有:「お名前、ご家族、お写真」など名詞の前に「お」や「ご」を付ける言い方です。
  • 所属する場所:相手の会社のことは「貴社」や「御社」という言い方をします。

ここまで理解できましたか?相手を敬って伝える対象はご説明した通り、人以外も含まれるのですが、実は尊敬語にも品詞ごとに方程式があります。パターンは大きく分けて6つあるので見ていきましょう。

【尊敬語の基本的な使い方】

《動詞》
  ①  動詞+「れる」「られる」
  ② 「お」「ご」+動詞+「なる」「なさる」「くださる」
  ③ 言葉自体を言い換える
《形容動詞・形容詞》
  ① 「お」「ご」をつける
《名詞》
  ① 「お」「ご」をつける
  ② 「貴」「御」「高」などをつける

 品詞ごとの方程式を覚えておくと、言葉の言い回しに迷ったときに便利です。パターンはシンプルなので、このタイミングで是非覚えてくださいね。 それでは続いて、基本的な尊敬語について解説していきます。どの尊敬語もビジネスシーンで必須の言葉ですが、使いこなせると話し相手に対する自分の印象もグッと良くなるので、暗記するくらいで覚えておきましょう。それでははじめます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マイルストーンの意味と使い方

    カタカナビジネス用語の中でも頻繁に耳にすることの多い「マイルストーン」。今回はマイルストーンの意味や…
  2. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  3. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  2. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  3. 簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務…
  4. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  5. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  6. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
ページ上部へ戻る