【ビジネスマナー】好印象を与える正しい名刺交換の仕方

ビジネスマナーの基本「名刺交換」

あなたは正しい名刺交換の方法を理解していますか?名刺交換は、ビジネスマナーにおいて基本中の基本です。名刺はビジネスにおいて人と人を繋げる大切なツールのため、失礼がないように大事に扱わなければなりません。今回は、復習の意味を込めて確認してみましょう。

名刺交換の4つのステップ

ステップ

STEP①:事前に理解すること

名刺はスーツのポケットに入れておき、すぐに取り出せるように準備しておきます。また、取り出した時に名刺が相手の方を向くように準備しておきましょう。名刺交換は、目下・訪問者から相手に近づいて名刺を差し出します。あなたが営業マンであれば、自ら相手に近づいて先に渡すようにしましょう。

STEP②:名刺を渡す

相手が差し出した名刺よりも低い位置にあなたの名刺を構え、相手の顔を見て名刺を渡しましょう。 その時に一言、「本日はお時間を頂きありがとうございます。株式会社○○の○○部の○○です。」と「お礼・社名・部署名・名前」を伝えます。また名刺を注視するのではなく、相手の目を見て「笑顔」で受け取って、お礼を伝えて下さい。名刺交換は最も相手に近づくため、相手に与える印象も強いです。商談で良いスタートを切るためにも印象を良くしておくことは大事です。

STEP③:名刺を受け取る

相手の名刺を両手で受け取りましょう。受け取るときもずっと名刺を見るのではなく、名刺入れに相手の名刺を乗せたことを確認したら、相手の顔を笑顔で見てください。ビジネスマナーとして名刺交換するだけでなく、好印象を与えることをゴールにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  2. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  3. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  2. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  3. 第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度…
  4. 「日本のサラリーマンは、働きアリのように、本当によく働く」 日本人に対する、海外のそんなイメージを…
  5. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  6. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
ページ上部へ戻る