【ビジネスマナー】好印象を与える正しい名刺交換の仕方

ビジネスマナーの基本「名刺交換」

あなたは正しい名刺交換の方法を理解していますか?名刺交換は、ビジネスマナーにおいて基本中の基本です。名刺はビジネスにおいて人と人を繋げる大切なツールのため、失礼がないように大事に扱わなければなりません。今回は、復習の意味を込めて確認してみましょう。

名刺交換の4つのステップ

ステップ

STEP①:事前に理解すること

名刺はスーツのポケットに入れておき、すぐに取り出せるように準備しておきます。また、取り出した時に名刺が相手の方を向くように準備しておきましょう。名刺交換は、目下・訪問者から相手に近づいて名刺を差し出します。あなたが営業マンであれば、自ら相手に近づいて先に渡すようにしましょう。

STEP②:名刺を渡す

相手が差し出した名刺よりも低い位置にあなたの名刺を構え、相手の顔を見て名刺を渡しましょう。 その時に一言、「本日はお時間を頂きありがとうございます。株式会社○○の○○部の○○です。」と「お礼・社名・部署名・名前」を伝えます。また名刺を注視するのではなく、相手の目を見て「笑顔」で受け取って、お礼を伝えて下さい。名刺交換は最も相手に近づくため、相手に与える印象も強いです。商談で良いスタートを切るためにも印象を良くしておくことは大事です。

STEP③:名刺を受け取る

相手の名刺を両手で受け取りましょう。受け取るときもずっと名刺を見るのではなく、名刺入れに相手の名刺を乗せたことを確認したら、相手の顔を笑顔で見てください。ビジネスマナーとして名刺交換するだけでなく、好印象を与えることをゴールにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  2. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  3. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  3. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  4. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  5. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  6. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
ページ上部へ戻る