会社内での役職の順番まとめ一覧

役職の順番を理解する

社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことはありませんか?今は役職名の自由度も高くなり、迷ってしまうときもあると思います。社外の人は特に、正確な立ち位置を理解することが難しい場合もあると思いますが、まずは基本的な役職の順番を理解しておくと、ビジネスマナーの点でも良いでしょう。

役職とは

役職とは、ビジネスにおける責任や職権を伴う役目や職務のことをいいます。例えば「部長職」であれば「組織内の部門を管理する」職務があり、「課長職」であれば「組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する」役目があります。 一般的にはそう言われていても、企業規模や組織体制によって、役職の位置付けは様々です。課長が管理する「課」の規模が数名から百名近くまで幅があったり、組織内で重要度の高い部門を統括する「部長職」は、取締役や執行役員を兼務することもあります。そのため、組織内の役職の順番を理解しておき、商談などで相手の役職を確認したときに、社内でのおおよその位置付けがつかめるようにしておきましょう。

役職一覧

役職 近い役職 ポイント
取締役会長 相談役、顧問、理事長 組織の代表として責任者
代表取締役 社長、代表取締役社長、取締役社長、頭取、最高経営責任者 株式会社の代表権を有する取締役
取締役 副社長、専務取締役、常務取締役、役員 代表権は有さないが、企業運営の責任・権限をもつ
執行役員 上席執行役員 取締役の指揮下で業務執行に対する責任・権限をもつ
部長 本部長、副部長、本部長代理、ゼネラルマネージャー、次長 企業内の課やグループなどの下位組織を束ね、管理する
課長 室長、課長代理、マネジャー、課長補佐 組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する
係長 班長 最小単位の係を管理する
主任 アシスタントマネージャー 従業員内の熟練者をさす

会社の部署名・役職名の英語表記一覧はこちら課長と係長の役割の違い社会人の年収別家賃相場はこちら

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  2. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…
  3. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  2. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  3. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  4. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  5. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  6. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
ページ上部へ戻る