会社内での役職の順番まとめ一覧

役職の順番を理解しよう

社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことはありませんか?

昔は課長や部長、主任といった定番の役職をつけることが一般的でしたが、今は会社が設ける役職名の自由度も高くなり、相手の立場を推し量るとき、迷ってしまうときもあるでしょう。取引先といった社外の人、複数人と接するときに、役職名から正確な立場を理解することが難しく、困惑することもあります。そんなときでも「お二方のうち、どちらの方が偉い立場なんですか?」と聞くのは失礼にあたる場合もあり、要注意です。

私自身、社会人として働き始めた一年目の頃は「室長と次長って、どっちが偉いんだろう」「シニアマネージャーってどんな仕事をしているんだろう」と疑問に思ったことがあります。営業同行してもらった上司に質問しても「次長のほうが年齢が上だから、次長じゃないか?」という答えが返ってきて「上司でも理解するのが難しいんだな」と感じたことがあります。

しかし、序列を正確に理解しておかないと、良かれと思って対応したつもりが、相手に失礼な印象を与えてしまうこともあります。ここでは、基本的な役職の順番をお伝えするので、しっかり覚えてくださいね。

役職とは

役職とは、ビジネスにおける責任や職権を伴う役目や職務のことをいいます。

例えば「部長職」であれば「組織内の部門を管理する」職務があり、「課長職」であれば「組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する」役目があります。 一般的にはそう言われていても、企業規模や組織体制によって、役職の位置付けは様々です。

課長が管理する「課」の規模が数名から百名近くまで幅があったり、組織内で重要度の高い部門を統括する「部長職」は、取締役や執行役員を兼務することもあります。そのため、組織内の役職の順番を理解しておき、商談などで相手の役職を確認したときに、社内でのおおよその位置付けがつかめるようにしておきましょう。

役職一覧

つづいては、企業が一般的に用いることの多い役職の一覧をご紹介します。

役職 近い役職 一般的な職務・職責
取締役会長 相談役、顧問、理事長 組織の代表として責任者
代表取締役 社長、代表取締役社長、取締役社長、頭取、最高経営責任者 株式会社の代表権を有する取締役
取締役 副社長、専務取締役、常務取締役、役員 代表権は有さないが、企業運営の責任・権限をもつ
執行役員 上席執行役員 取締役の指揮下で業務執行に対する責任・権限をもつ
部長 本部長、副部長、本部長代理、ゼネラルマネージャー、次長、支店長、工場長、シニアマネージャー 企業内の課やグループなどの下位組織を束ね、管理する
課長 室長、課長代理、マネジャー、課長補佐、チームリーダー 組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する
係長 班長、リーダー 最小単位の係を管理する
主任 アシスタントマネージャー、チーフ、サブリーダー 従業員内の熟練者をさす

どの企業にも上記の役職全てが存在するワケではありません。従業員が10人ほどの会社であれば「社長1人、課長2人、平社員7人」というケースもあるし、少数精鋭の組織であれば、全員が何らかの役職についている場合もあります。

反対に従業員が1000人を超えるような大所帯であれば、社員の半数以上は主任や係長といった、下位層の役職についているのが一般的です。社内での位置付けを理解したい時は、会社の売上規模や業種、社員数などで判断していくことが重要。役職名と序列を正確に把握して、相手に対する接し方を変えていくこともビジネスマナーでは非常に大切です。

業界別の役職を理解しておくと仕事がスムーズ

新人が最初に覚えるべき仕事は、社会人としての常識を身につけること。しかし、丁寧に教育・研修をしてくれる会社でも、名刺の渡し方やお辞儀の仕方は教えてくれても、役職の順番までは教えてくれないでしょう。つまり、新しい役職の人と出会ったときは話の内容から感覚的に理解するか、上司に都度質問して教えてもらうしかありません。しかし、事後対応だと知らぬ間に相手の気持ちを不愉快にさせてしまっていることもあります。

私は社会人一年目の頃、企業の役職の順番がわからず失敗を経験しています。課長と次長の、役職の違う2人の上司からある仕事の取り組み方に対して、まったく違う進め方をするよう指示されたときです。

私は直属の上司でもあった課長の指示に従って仕事を進めたのですが、次長に進捗の報告をしたとき、自身の指示に従わなかったことをすごく怒られました。課長にも、次長から指示があったことを報告しなかったことについて叱責を受けました。もちろん、次長と課長から違う指示を出されたときに相談しなかったことや、「課長のほうが上」と勝手に判断した自分が悪いのですが、当時は立ち位置がわからず、このような失敗をしてしまいました。

役職を覚えるときにおすすめの本

今となってはそんな失敗をすることはありませんが、社内の役職の順番を覚える大切さを教訓として理解することができました。そのときに参考となったのが「肩書きの辞典」という本です。

一般企業の業界別の役職はもちろん、政府から中央省庁・警察や自衛隊などの公的機関、スポーツ競技に関する肩書き、や役職の順番について書かれている専門書です。「PM」や「アソシエイト」「アナリスト」「ディレクター」といった業界特有の肩書きについても触れられているため、社内の立ち位置を理解できるようになるのはもちろん、取引先や社外の人と普段接する機会の多い人は必見です。

ビジネスマナーでの失敗は、新人にしか許されません。社会人3年目くらいになると「非常識な人間」というレッテルをはられ、一度の些細な失敗が昇進にも影響してしまいます。マナーも仕事も覚えて一人前になりたい人は、ぜひ参考にしてください。きっと役に立つ日がきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  2. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  2. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  3. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  4. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  5. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  6. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
ページ上部へ戻る