部下が上司に言ってはいけない7つの言葉

⑤「私はやっています」

自分の業務を行ったプロセスを評価してほしいときに言ってしまうセリフです。もちろん、上司は仕事を一生懸命やってくれていると思っています。ですが、工夫をすればもっと出来るようになるとも思っています。またプロセスや結果を評価するのは自分ではなく、周囲にいる第三者です。ここはグッと怒りを抑えて、席に戻ってから冷静になって、どうすれば客観的に見て納得する結果を出せるのかを考えるべきでしょう。

⑥「モチベーションが上がりません」

「最近モチベーションが上がらなくて、仕事に気持ちが入りません」「モチベーションが上がらなくて期限内に仕事をすることができませんでした」という言葉を若手社員から聞くことがありますが、モチベーションが上がらなかったことは仕事ができない言い訳にはなりません。モチベーションを担保することが、社会人として身につけることが必須の自覚だということを理解しておきましょう。

⑦「そういう課長はどうなのですか」

上司に問い詰められたときに使ってしまいそうな言葉ですが、これもNGです。上司に怒られたときに理解しておくべきことは、あなたに成長してほしいという気持ちが根底にあるということ。にもかかわらず、売り言葉に買い言葉では、上司は注意する気持ちもなくなってしまいます。素直に聞き入れる姿勢を持ちましょう。

さいごに

社会では「言い訳」はタブーと捉えられる傾向があります。素直さを以て周囲と接することが、社会人として組織で活動していくために求められる基本的な能力です。若手社員の方はもちろん、これから社会人になる方は是非参考にしてくださいね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…
  2. 上司に依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    上司への依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    会社で仕事をしていると、上司に頼みごとをお願いしたり、部下に依頼するなど、お互いを助け合うことは日常…
  3. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  2. 面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅め…
  3. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  4. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
  5. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  6. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
ページ上部へ戻る