「取り急ぎ」の意味と正しい使い方

皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「取り急ぎ」と言う言葉の意味や用法について、正確に理解している自信はあるでしょうか。実は「取り急ぎ」という言葉は、間違った使い方をされている代表的な言葉の一つなのです。では「取り急ぎ」とはどのような意味で、どのような場合に間違った使い方となるか等について解説することに致しましょう。

「取り急ぎ」の意味

まずは「取り急ぎ」の辞書的な意味から確認することにしましょう。「取り急ぎ」とは「取り敢えず、急いで」といった意味です。では「取り敢えず」とはどのような意味かお分かりでしょうか。

「取り敢えず」とは「本来なら取るべきものも取ることが出来ないような状況で」といった意味から転じて、「大変急を要するような事態があったことで、十分な準備は出来ていないが差しあたって」といった意味となります。従って「取り急ぎ」とは「急な事態が生じたため十分な準備や対応が出来ていないが、特に急ぐべきこととして」といった意味として整理することが出来ます。

「取り急ぎ」に含まれるニュアンス

では、正確な意味がわかったところで、次に「取り急ぎ」にはどのようなニュアンスが内包されているか、確認することにします。「取り急ぎ」には先ほどの意味の説明の中で「緊急な状況により十分な対応や準備が出来ていないから」と断りの意味合いがあったことからもわかるとおり、十分な準備や対応が出来ない中で対応しているという「非礼」に対して「相手方へ許しや理解を求める」といったニュアンスがあるのです。

このことを踏まえ、例えば「取り急ぎご報告致します」という文の解釈を説明すると「十分な用意ができないまま報告することは理解して貰った上で、差し当たり報告できることを報告します」といった内容になってきます。

「取り急ぎ」を使う場合は慎重に

「取り急ぎ」に含まれているニュアンスがわかれば、どのような場面で使うべきではないかはなんとなく検討がついてきたと思われます。「取り急ぎ報告します」といった表現は、特にビジネスの場面において上司などに使用するのは適切な表現とは言えません。何故なら、「満足な準備は出来てない」即ち「いい加減な対応をしている」といった受けとめ方もできる表現になるからです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  2. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  3. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  2. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  3. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  4. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  5. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  6. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
ページ上部へ戻る