「取り急ぎ」の意味と正しい使い方

皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「取り急ぎ」と言う言葉の意味や用法について、正確に理解している自信はあるでしょうか。実は「取り急ぎ」という言葉は、間違った使い方をされている代表的な言葉の一つなのです。では「取り急ぎ」とはどのような意味で、どのような場合に間違った使い方となるか等について解説することに致しましょう。

「取り急ぎ」の意味

まずは「取り急ぎ」の辞書的な意味から確認することにしましょう。「取り急ぎ」とは「取り敢えず、急いで」といった意味です。では「取り敢えず」とはどのような意味かお分かりでしょうか。

「取り敢えず」とは「本来なら取るべきものも取ることが出来ないような状況で」といった意味から転じて、「大変急を要するような事態があったことで、十分な準備は出来ていないが差しあたって」といった意味となります。従って「取り急ぎ」とは「急な事態が生じたため十分な準備や対応が出来ていないが、特に急ぐべきこととして」といった意味として整理することが出来ます。

「取り急ぎ」に含まれるニュアンス

では、正確な意味がわかったところで、次に「取り急ぎ」にはどのようなニュアンスが内包されているか、確認することにします。「取り急ぎ」には先ほどの意味の説明の中で「緊急な状況により十分な対応や準備が出来ていないから」と断りの意味合いがあったことからもわかるとおり、十分な準備や対応が出来ない中で対応しているという「非礼」に対して「相手方へ許しや理解を求める」といったニュアンスがあるのです。

このことを踏まえ、例えば「取り急ぎご報告致します」という文の解釈を説明すると「十分な用意ができないまま報告することは理解して貰った上で、差し当たり報告できることを報告します」といった内容になってきます。

「取り急ぎ」を使う場合は慎重に

「取り急ぎ」に含まれているニュアンスがわかれば、どのような場面で使うべきではないかはなんとなく検討がついてきたと思われます。「取り急ぎ報告します」といった表現は、特にビジネスの場面において上司などに使用するのは適切な表現とは言えません。何故なら、「満足な準備は出来てない」即ち「いい加減な対応をしている」といった受けとめ方もできる表現になるからです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  2. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  3. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
  4. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  5. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  6. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
ページ上部へ戻る