「取り急ぎ」の意味と正しい使い方

皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「取り急ぎ」と言う言葉の意味や用法について、正確に理解している自信はあるでしょうか。実は「取り急ぎ」という言葉は、間違った使い方をされている代表的な言葉の一つなのです。では「取り急ぎ」とはどのような意味で、どのような場合に間違った使い方となるか等について解説することに致しましょう。

「取り急ぎ」の意味

まずは「取り急ぎ」の辞書的な意味から確認することにしましょう。「取り急ぎ」とは「取り敢えず、急いで」といった意味です。では「取り敢えず」とはどのような意味かお分かりでしょうか。

「取り敢えず」とは「本来なら取るべきものも取ることが出来ないような状況で」といった意味から転じて、「大変急を要するような事態があったことで、十分な準備は出来ていないが差しあたって」といった意味となります。従って「取り急ぎ」とは「急な事態が生じたため十分な準備や対応が出来ていないが、特に急ぐべきこととして」といった意味として整理することが出来ます。

「取り急ぎ」に含まれるニュアンス

では、正確な意味がわかったところで、次に「取り急ぎ」にはどのようなニュアンスが内包されているか、確認することにします。「取り急ぎ」には先ほどの意味の説明の中で「緊急な状況により十分な対応や準備が出来ていないから」と断りの意味合いがあったことからもわかるとおり、十分な準備や対応が出来ない中で対応しているという「非礼」に対して「相手方へ許しや理解を求める」といったニュアンスがあるのです。

このことを踏まえ、例えば「取り急ぎご報告致します」という文の解釈を説明すると「十分な用意ができないまま報告することは理解して貰った上で、差し当たり報告できることを報告します」といった内容になってきます。

「取り急ぎ」を使う場合は慎重に

「取り急ぎ」に含まれているニュアンスがわかれば、どのような場面で使うべきではないかはなんとなく検討がついてきたと思われます。「取り急ぎ報告します」といった表現は、特にビジネスの場面において上司などに使用するのは適切な表現とは言えません。何故なら、「満足な準備は出来てない」即ち「いい加減な対応をしている」といった受けとめ方もできる表現になるからです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  2. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  3. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  2. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  3. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  4. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  5. 中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な…
  6. この記事をご覧になっている方は「部下から毎回のように質問攻めにあい、ほとほと困っている」という方が多…
ページ上部へ戻る