【若手社会人必見】トップビジネスマンが実践している6つの仕事術

今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご紹介します。あなたがすでに実践できている項目があるかどうかも含めてチェックしてくださいね。それでは見ていきましょう。

①結論から先に伝える

トップビジネスマンをはじめ仕事ができる人は、自分の話を相手にしっかりと伝えています。その方法はいたってシンプル。伝えようとしている話の内容の中で、「結論」から先に述べることです。結論とは「今から何の話をするのか」「聞き手に何を求めるのか」であり、これを話の冒頭に伝えることで、聞き手にとっては話の全体像を理解した上で聞くことができるでしょう。

②極力、数値化して伝える

ビジネスのセオリーとして「数値化して物事を伝える」ことが当たり前に求められます。ビジネスの経験が浅い若手社員の中には、推測を交えて状況を判断する人もいますが、曖昧な発言は相手を困らせてしまいます。

例えば顧客から納期について尋ねられたとき、「5月中旬です」と答えると相手はどう思うでしょうか。きっと話している相手は「中旬」というフレーズに困惑するでしょう。確証がなくても、おおよその目安で「5月15日前後です」など数値で伝えるようにしましょう。

③仕事を依頼する時は作業目的や期限をしっかり伝える

社内で仕事を依頼するとき、「作業内容」だけを伝えていませんか。デキるビジネスパーソンは、依頼する目的や重要度合い、それに期限を明確に伝えています。例えば、「提案資料を作成してほしい」とあなたが依頼されたときに、以下の内容も合わせて伝えられると、作業する立場からすると具体的にイメージしやすいのではないでしょうか。

デキるビジネスマンの依頼内容

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  2. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  3. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 薬剤師が入社1年目で転職するのは不利か
    労働市場の流動性が高まり、薬剤師についても例外ではなく、職場を一年も経たずにやめてしまう例が増えてい…
  2. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  3. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  4. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  5. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  6. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
ページ上部へ戻る