出張先への移動時間は時間外手当の対象になる?

時間外手当などは人によって毎月の給与に大きく反映される項目であり、時間外手当の有無で毎月のお給料額が大きく変わる、そんな人も少なくないはずです。特に残業が多い仕事や会社などに勤務している場合、月単位で見るとこの時間外手当は大きな額となります。時間外手当と言っても様々なケースが考えられますが、「出張先への移動時間」は時間外手当の対象になるのかどうかは良く議論されるテーマでもあります。そこでここでは出張先への移動時間は時間外手当の対象になるのかどうか、この問題について様々な角度から考えてみたいと思います。


時間外手当とは

出張まず時間外手当について、十分に知っておく必要があります。どのようなケースが対象になり、どのようなケースが対象外となるのか、まずはその一般的なケースにおける事例などを知って必要があります。さらには会社ごとの規定などについても同様に知っておくことが大事です。残業などは時間外手当を支給することは法律で義務付けられています。

しかし多くの場合、素人判断ではよく分からないケースも多いはずです。例えば直接的な勤務と言える時間でなかったとしても、それに必要となる時間、そこに付随して発生する時間などの拘束が発生する場合にはやはり時間外手当の対象となることはおかしくありません。


出張先への移動時間について

出張の移動時間出張先への移動時間に関しては、仕事の為に拘束される時間であり、だからこそ時間外手当がつくのが当たり前だと考える人も多いようです。特に出張の多くは遠方になることも多く、通常の勤務より朝もずっと早くから移動しなくてはいけません。

しかし労働時間とは使用者の具体的指揮命令下にける業務従事時間、という原則的な考え方があり、出張先への移動時間は寝たり読者したりと自由に出来ることから、業務従事時間として認められない、こうした考え方をすることが一般的とされています。

こうした理由から出張先への移動時間は、時間外手当の対象として認められないとされることがほとんどです。時間的な拘束はあるものの、移動の間に何をするのかは自由な状況下であるため、このような理由があります。しかし一部例外的に考えられるケースもあるので、こちらについても知っておく必要があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…
  2. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  2. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  3. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  4. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
  5. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  6. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
ページ上部へ戻る