出張先への移動時間は時間外手当の対象になる?

時間外手当などは人によって毎月の給与に大きく反映される項目であり、時間外手当の有無で毎月のお給料額が大きく変わる、そんな人も少なくないはずです。特に残業が多い仕事や会社などに勤務している場合、月単位で見るとこの時間外手当は大きな額となります。時間外手当と言っても様々なケースが考えられますが、「出張先への移動時間」は時間外手当の対象になるのかどうかは良く議論されるテーマでもあります。そこでここでは出張先への移動時間は時間外手当の対象になるのかどうか、この問題について様々な角度から考えてみたいと思います。


時間外手当とは

出張まず時間外手当について、十分に知っておく必要があります。どのようなケースが対象になり、どのようなケースが対象外となるのか、まずはその一般的なケースにおける事例などを知って必要があります。さらには会社ごとの規定などについても同様に知っておくことが大事です。残業などは時間外手当を支給することは法律で義務付けられています。

しかし多くの場合、素人判断ではよく分からないケースも多いはずです。例えば直接的な勤務と言える時間でなかったとしても、それに必要となる時間、そこに付随して発生する時間などの拘束が発生する場合にはやはり時間外手当の対象となることはおかしくありません。


出張先への移動時間について

出張の移動時間出張先への移動時間に関しては、仕事の為に拘束される時間であり、だからこそ時間外手当がつくのが当たり前だと考える人も多いようです。特に出張の多くは遠方になることも多く、通常の勤務より朝もずっと早くから移動しなくてはいけません。

しかし労働時間とは使用者の具体的指揮命令下にける業務従事時間、という原則的な考え方があり、出張先への移動時間は寝たり読者したりと自由に出来ることから、業務従事時間として認められない、こうした考え方をすることが一般的とされています。

こうした理由から出張先への移動時間は、時間外手当の対象として認められないとされることがほとんどです。時間的な拘束はあるものの、移動の間に何をするのかは自由な状況下であるため、このような理由があります。しかし一部例外的に考えられるケースもあるので、こちらについても知っておく必要があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  2. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  3. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  4. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
ページ上部へ戻る