仕事ができるビジネスリーダーの休憩方法4選

高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができるものではありませんし、無理にやり続ければ体を壊すだけです。そのため高い品質の仕事ができるビジネスリーダーは休憩の取り方も上手である、と言うより必須の条件と言っても過言ではありません。では仕事ができるビジネスリーダーは大変忙しい中どのように、どのような休憩をとっているのか、現役のビジネスリーダーへのヒアリング調査等を元に具体例をご紹介することにしましょう。


①2~3分の隙間時間を使って休憩をとる

仕事ができるビジネスリーダーは数分単位の時間も粗末にしません。時間の大切を理解していますので、少しでも時間を有効に活用しようと考えます。そのためビジネスリーダーは数分単位の「仕事の隙間時間」を見出せたら、その短い時間を休憩取得や気分転換にも活用しています。具体的な方法はこの後ご紹介しますが、こうした数分単位の小刻みな休憩取得であっても疲労回復には一定の効果があります。

つまり、仕事の合間に小休憩をとることで自身の疲労を緩和させ、それぞれの仕事に対して出来る限り万全の体制で臨むようにしているのが「仕事ができるビジネスリーダー」とも言えるのです。


②無心で遠景を眺める

ではどのような休憩方法を行っているかということですが、その方法の一つが「遠景を眺める」ということです。特にホワイトカラーにおける仕事の視点は、デスク上の書類やパソコン画面等の近景に長時間集中しがちです。そのため眼精疲労に陥りやすいのですが、眼の疲れは体全体の疲労感を招く原因となります。また、近い距離のものばかり見ていたら考えの視野そのものも狭くなりがちます。

そのため短時間であっても無心で遠景を眺めれば気分転換を図ることができる上、凝り固まった眼の動きをほぐすと共に発想の柔軟性を促す効果も期待できます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  2. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  3. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
  4. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  5. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  6. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
ページ上部へ戻る