ブラック企業の見分け方まとめ

就職した先がブラック企業で労働環境が非常に悪く、肉体的にも精神的にもボロボロに…にそんなことならないようにするためには、就職先の企業がブラック企業かどうかをしっかりと見分けられるようになる必要があります。一般的には入社して初めてブラック企業だったと気が付くことが多いわけですが、事前に見分けることが出来る方法などもあり、ここではそんなブラック企業の見分け方について解説していきます。就職活動、転職活動などにおける志望企業選びの参考にしてみて下さい。

ブラック企業かどうかを見分ける為の8つのポイント

①:社員の入れ替わりが激しい

入れ替わりの激しい会社は、それだけハードな労働環境があることを物語っています。入社したものの、イメージしていた会社、仕事ではなかった、そう感じてしまうことが入れ替わりの激しさに繋がっていきます。従業員の入れ替わりの激しさなどはしっかりとチェックしておきましょう。


②:常時募集を行っている

常時求人広告などが出ている会社は、慢性的に人材不足であることを意味しており、やはり動労環境が悪い可能性が高いと言えます。転職情報誌などをこまめにチェックして、常時人材募集を行っている会社などはブラック企業である可能性が高いことを念頭に入れておきましょう。


③:給与などの条件面を求人のウリにしている

やりがいや業務内容などを求人広告などのウリにすることが一般的ですが、好待遇を前面に押し出している求人は十分に注意しましょう。実際に入社してみると、それだけの好待遇を受ける為には大変過酷な労働状況であることも多く、安易に飛びついて入社すると後悔に繋がる事も多くあります。


④:ネット上に誹謗中傷など悪い情報が多い

インターネットなどでその企業の情報を検索した時に、色々と悪評が出てくる場合には要注意です。インターネット上の情報は時に言われのないものなども多く、信憑性の低いものも多くありますが、一方で火のないところに煙は立たないなどとも言います。企業情報や企業が提供しているサービスなどを検索してみるのも1つの方法です。


⑤:面接や電話対応などが悪い

お客様に対する対応に限らず、例えば面接などの問い合わせなどちょっとした対応の場面において、対応が悪いと感じる企業は要注意です。面接時なども面接官がやたら高圧的だったり感じの悪い対応だったりする場合、そもそもそうした社風が当たり前になってしまっていることが考えられます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  2. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  3. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
  2. 役職の順番を理解しよう 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  3. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  4. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  5. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  6. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
ページ上部へ戻る