せっかちな性格の人の7つの特徴

せっかちな性格の人の7つの特徴

エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計画を前倒しで進めたがる人などを目にしたとき、せっかちだと感じないでしょうか。今回は、せっかちな性格の人の特徴について解説していきたいと思います。

1.早い段階で結論を知りたがる

せっかちな人は、相手の話を遮ってでも、話の結論を知りたがります。相手の話し方がゆっくりであったり、延々と状況や思いを聞かされ結論が見えなかったりすると「言いたいことはこういうことですよね」と、相手の話を遮って自己完結するように話し始める人もいます。空気の読めない発言であることは理解しているのですが、相手のペースに合わせることができない結果、このような行動に出てしまうのです。

もし、この行動を問題と捉えており、本気で改善したい場合は、相手の話をすべて聞き終わるまでは自分は聞き役に回り、絶対に話さないと決めておくことが大切です。これは、性格上の改善すべき問題というよりも、相手とのコミュニケーションを円滑にするための社会人の基本的なマナー。自分にも当てはまると思ったら、意識して早い段階で改善しましょう。

2.忙しい状態でないと、気分が満たされない

せっかちな人は、責任感や達成感が強い傾向にあります。常にいくつかの仕事や課題を抱え、何かしらのことをしていないと気が済みません。何もしないということを苦手としており、ある程度の忙しさがあるほうが、心が落ち着く特徴があります。

そのような状態を長年継続していると、体調を崩してしまいますので、1時間作業を行った場合10分は、軽く体操したり、リラックスするなど、休憩時間も仕事と考えて、体を休めるようにしましょう。

3.約束を破られたら許せない

せっかちな人は、時間に余裕をもって行動できることが特徴であり、他人の遅刻を許すことができません。電車などの交通手段の遅延が発生した場合の遅刻でも、それを想定した上で行動することを求めがち。しかし人間は、規則正しい生活をしていても、どうしても不可抗力によって遅刻してしまうこともあります。

もし相手が遅れているのであれば「なぜ約束を守らないのか」と怒りの感情を出す前に、「何か問題でも発生したのかな」という思いやりや心の余裕を持つようにすると、心が穏やかになり、相手との関係も上手くいくでしょう。

4.すぐに行動したがる癖がある

例えば、せっかちな人に5つの仕事を与えた場合、優先順位をつけることなく、すべての業務が最優先だと考えます。それでは効率良く仕事を進めることができません。本来仕事は、緊急性と重要性の高さを整理して優先順位を決めてから取り組むのが基本。

この問題を解消するためには、提出期限や難易度などを考慮して、本日実行するべき課題と明日実行しても大丈夫な課題に分けて順番を決めることが大切なのです。業務を与えられたらすぐに手を動かすのではなく、まずはそれぞれの業務の期日を理解し、取り組むべき順番を把握することに頭を使いましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  2. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  3. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  2. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
  3. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  4. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
  5. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  6. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
ページ上部へ戻る