【大企業・中小企業別】月額給料から見たボーナス平均額

従業員に対する待遇において、大企業と中小企業で顕著な差が生じるのが福利厚生とボーナス(賞与)と言われています。では大企業と中小企業に勤めるサラリーマンはそれぞれ平均するとどのくらいのボーナスを受け取っているのか、大企業と中小企業のボーナス平均額について紹介して参ります。

そもそもボーナス(賞与)とは

そもそもボーナス(賞与)とは会社から支給されるボーナス(賞与)をどのくらい受け取れるかによって、年収の振れ幅は大きくなります。学生や若手社員の皆さんは、ボーナスの基本的な知識をきちんと理解していますか。まずはボーナスの知識知識を解説します。

ボーナスは給料とは別

通常、基本給は、一ヶ月単位や1週間毎に定期的に支払われる給与のこと。一方でボーナス(賞与)は、半期や一年などの単位で支給される給与のことをいいます。

ボーナスを支給する会社の多くは、基本的には夏と冬の時期に分けて、年に2回支払われることが多いのも特徴です。夏の時期は6月、冬の時期は12月が多くなっています。ボーナスは業績に応じて支払われるのですが、6月に支給される場合、前年の10月頭〜今年3月末までの成績を判断して企業はボーナス支払い額を決定します。12月に支給されるのは4月頭〜9月末までの業績で決定するのです。

年棒制の場合など、会社によってはボーナスの支給制度自体が存在しない企業もあれば、年3〜4回支給する会社もあります。

ボーナスは必ず支払われるものではない

ボーナスの支給方法は大きく分けて2パターンあります。以下をご覧ください。

ボーナス支給方法
・業績連動型賞与
・固定賞与

それぞれを詳しく見ていきましょう。

・業績連動型賞与の場合

あくまで、会社の業績に応じて支払われるもの。そのため、業績が赤字や不調な場合、ボーナス(賞与)自体がでなかったり、金額が少なくなって「寸志」になることもあります。一方で業績が予想を大きく上回れば、ボーナス額も期待できるでしょう。

また会社の業績が予想どおりであれば基本給の3ヶ月と設定し、業績の結果がそれよりも少なければそれをボーナスに反映させて少なくする、高ければその分上乗せする会社もあります。

・固定賞与の場合

こちらはその名の通り、固定で支給されるボーナスです。固定賞与を設定している場合、毎月の基本給をベースとして「基本給の2ヶ月分」などの規定を設けています。業績とは関係ないため、雇用される側は生活を安定させることができます。

ボーナス支給額は基本給の何ヶ月分か

ボーナス支給額は基本給の何ヶ月分か

大企業のボーナス

これまではボーナスの基本的な定義についてご説明してきましたが、続いては大企業のボーナスが基本給の何ヶ月分くらいなのか、解説していきます。

・大企業のボーナスは「基本給の2.5ヶ月分」

大企業のボーナス平均は基本給の約2.5ヶ月分が支給されています。月額給与が30万円の場合、約75万円がボーナスの額面として支給されている計算になります。

・直近の大企業のボーナス支給額

直近の大企業のボーナスは以下の金額となっています。

大企業の直近の平均ボーナス支給額
夏のボーナスは92万円超
冬のボーナスは88万円超
※東証1部上場企業のうち、従業員数が500名以上の会社のボーナス

夏のボーナスは4年連続の上昇となり、対前年比でのアップ率は約3.7%と大企業のサラリーマンのボーナスは順調にアップしていると言えそうです。では冬のボーナスがいくらであったかというと、同じく経団連が昨年度に発表した調査結果によりますと、平均額は88万593円でという数値になっています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. チームワークを乱す人の特徴と対処法

    チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も…
  2. 一次面接と二次面接の違い・特徴

    就職試験において行われる面接は皆さんもご存知のとおり、一次面接、二次面接があります。その次は最終面接…
  3. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  2. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
  3. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  4. 薬剤師が入社1年目で転職するのは不利か
    労働市場の流動性が高まり、薬剤師についても例外ではなく、職場を一年も経たずにやめてしまう例が増えてい…
  5. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  6. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
ページ上部へ戻る