営業マンが簿記の知識を知っておくと有利な理由4つ

営業マンの皆さん、簿記は経理事務を行う社員が知っていれば良い知識と考えてはいませんか。確かに経理事務に携わるスタッフの皆さんにとって簿記の知識は必須ですが、実は営業マンの皆さんも簿記に対する知識はあった方が良いのです。では営業マンの皆さんが簿記の知識を有していると、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は「営業マンが簿記の知識を知っておく有利な理由」と題して、その理由を4つご紹介することに致します。


①適切な「与信」の判断ができるようになる

与信法人営業で新規の取引を行う場合、「与信」というプロセスを経る場合があります。与信とは要は取引する企業として大丈夫か、商品の代金はちゃんと支払えるかどうかを見極めることと言って良いでしょうが、そのためには相手企業の財務諸表を適切に読める必要があります。財務諸表は簿記の知識がなければ、本質的な理解はできません。せいぜい今期は赤字だったか、黒字だったかがわかる程度です。しかしそれでは企業の適切な評価はできません。

その期が黒字でも経営状況としても深刻な企業もあれば、仮に赤字であっても財務余力等が十分あり倒産等は考えにくい健全な企業といった場合もありますが、それらの判断を行うには簿記の知識をもって財務諸表を分析する必要があります。つまり取引先を開拓する上で重要な「与信」というプロセスにおいて、簿記の知識があれば取引してよい企業かどうかを早く、的確に判断できるようになります。


②社長から一目置かれる存在になる

社長から信頼「契約を成立させるには、最終決裁者である社長を口説き落とす必要がある・・」といった場面は営業活動においてしばしば生じます。そのような場合、皆さんは社長から簿記の知識がないと答えられないような経理的な質問を受けた経験はないでしょうか。更には、そうした質問を受けたためにしどろもどろになってしまったという経験はないでしょうか。

仮にその場では自分で答えられなくとも、経理社員に質問して後日回答するといった方法で切り抜けることはできるかも知れません。しかし、決裁者からの質問ですからその場でスムーズに答えられた方が良いに決まっていますし、仮にライバル企業の営業マンが満足に答えられなかった場合にはこちらのアドバンテージにもなってきます。また、長年企業経営を担ってこられた社長は毎年会社の決算と向き合ってこられた立場でもありますので、簿記に対する相当な見識もお持ちだと考えておくべきです。そのような社長から一目置かれる営業マンでありたいと考えるなら、簿記の知識は必須と言って良いでしょう。


③一段と説得力のある営業提案もできるようになる

営業の武器簿記の知識があれば、特に法人企業を相手に経営的メリットが生じる商品の提案時により説得力が増してきます。例えば、よく「コスト削減ができる」といったことを訴求ポイントにしている商品がありますが、商品を検討する企業側はシンプルな足し算、引き算だけで経済的メリットを判断しません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…
  2. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…
  3. JTが電気タバコ「プルーム・テック」を発売!アイコスを追随

    電気タバコ「プルーム・テック」をJTが全国発売!アイコス追随なるか

    日本たばこ産業(JT)は2017年から電気たばこ「プルーム・テック」の販売を全国で開始することが発表…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  2. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
  3. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  4. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  5. 転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります…
  6. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
ページ上部へ戻る