人気資格の「簿記」とは

資格は「人物評価」を超えることはなくとも、就職や転職の際、職種等によって一定のアドバンテージとなる場合があることは紛れもない事実です。中でも近年評価が高まっている資格が「簿記」です。簿記と言えば従来経理関係の仕事に従事する場合のみ必要と言ったイメージをもたれている方もいるかも知れませんが、近年では全社員の簿記資格取得を奨励する企業も登場しています。つまり経理職と言う枠を超えて企業から支持されるようになってきた資格が簿記と言えますが、今回はそんな簿記の「資格」について説明して参ります。


資格としての簿記は3種類

簿記の種類簿記の資格には実は日商簿記(日本商工会議所主催簿記検定試験)、全商簿記(全国商業高等学校協会簿記実務検定)、全経簿記(文部科学省認定簿記能力検定試験)3つの種類があります。どれも受検対象者が限定されている訳ではありませんが、現状としてそれぞれ次のような受検者が主に受けています。

・日商簿記:主に社会人
・全商簿記:主に商業高校の生徒
・全経簿記:主に経理専門学校の生徒


3つの簿記資格の級とレベル

簿記資格は「級」によって簿記の能力を評価していますが、①でご紹介した3つの簿記資格にはそれぞれ次のような級があります。

・日商簿記:1級~4級
・全商簿記:1級~3級
・全経簿記:上級、1級~4級

これら3つの資格のレベル(難度の)比較ですが、明確な規定に基づいた公式な見解ではなくあくまで一般論ながら「日商簿記>全経簿記>全商簿記」と言われています。例えば商業高校の生徒が主に受検する全商簿記の1級は日商簿記の「2級」程度、もしくは2級をやや下回る程度です。高校生を主な対象としているので、幾分易しい問題になっていると考えて良いでしょう。

つまり3つの簿記資格の中で最も難しいレベルと言えるのが日商簿記であり、そのため就職や転職時に有利になってくる簿記資格も「日商簿記」です。従って「就職に有利になる資格」として簿記資格を取得したいと考えた場合には、「日商簿記(の上位級)」を取得した方が良いと言えます。


近年では経理職に限らず応募条件となっている場合も

簿記資格は就職で有利になるので人気が高いと言われていますが、近年では「有利」と言うより、例えば営業職等においても「日商簿記3級以上」が応募条件となっている企業も現れ始めています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…
  2. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  3. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  2. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  3. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  6. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
ページ上部へ戻る