退職してもボーナス(賞与)が支給されるか確認する方法

会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必要になります。それだけに退職金だけでなくボーナス(または賞与。以下ボーナスとして表記)も受け取ることが出来るならぜひ受け取っておきたいところです。しかしながら会社の退職が確定してからボーナスを受給できるかは尋ねにくいものです。そこで今回は、退職した後にボーナスを受け取れるかどうかを事前に確認する方法についてご紹介します。


そもそもボーナスとは法律上どうなっているのか

サラリーマンの賃金は法律によって手厚く守られていますので、もしボーナスについて法律上の定めがあればそのルールに基づいた支給を受けられることになります。この点について先に結論を言えば、法律上ボーナスに対する規定やルールはなく「原則」として法律上の保護対象にはなっていません。「原則」という意味は、もしボーナスが賃金として明確に規定されている会社の場合なら、仮に呼称がボーナスであっても「賃金」となるため法律上の保護対象となってきます。

ところが、ボーナスを必ず賃金としなければならないといった規定がある訳ではなく、その点は会社側の裁量に委ねられており、実態として多くの会社がボーナスは賃金ではなく会社の業績等によって特別に支給される報酬として位置づけています。その結果、多くの会社はボーナスに対する支給義務はなく、会社側で支給するかどうかを判断してよい状況にあることを前提として理解しておいてください。


ボーナス支給日の在籍要件の有無がカギ

では会社の判断なら何でも許されるかというとそうではありません。就業規則にボーナスの支給要件を定めている場合、会社側はその要件を守る義務があります。例えば就業規則において「前期ボーナスを査定する期間を1月から6月と定め、8月に支給する」と定められていたとしたら、7月に退職したとしても8月に出るボーナスの支給対象者になってきます。しかし、就業規則に「ボーナスは支給日に在籍している者に対してのみ支給する」といった条項があれば、残念ながら退職した後にボーナスを受け取ることはできません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  2. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  3. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンに必要なビジネスアイテムの1つである、「ビジネスバック」。一口にビジネスバックと言っても…
  2. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  3. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  4. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  5. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  6. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
ページ上部へ戻る