退職してもボーナス(賞与)が支給されるか確認する方法

会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必要になります。それだけに退職金だけでなくボーナス(または賞与。以下ボーナスとして表記)も受け取ることが出来るならぜひ受け取っておきたいところです。しかしながら会社の退職が確定してからボーナスを受給できるかは尋ねにくいものです。そこで今回は、退職した後にボーナスを受け取れるかどうかを事前に確認する方法についてご紹介します。


そもそもボーナスとは法律上どうなっているのか

サラリーマンの賃金は法律によって手厚く守られていますので、もしボーナスについて法律上の定めがあればそのルールに基づいた支給を受けられることになります。この点について先に結論を言えば、法律上ボーナスに対する規定やルールはなく「原則」として法律上の保護対象にはなっていません。「原則」という意味は、もしボーナスが賃金として明確に規定されている会社の場合なら、仮に呼称がボーナスであっても「賃金」となるため法律上の保護対象となってきます。

ところが、ボーナスを必ず賃金としなければならないといった規定がある訳ではなく、その点は会社側の裁量に委ねられており、実態として多くの会社がボーナスは賃金ではなく会社の業績等によって特別に支給される報酬として位置づけています。その結果、多くの会社はボーナスに対する支給義務はなく、会社側で支給するかどうかを判断してよい状況にあることを前提として理解しておいてください。


ボーナス支給日の在籍要件の有無がカギ

では会社の判断なら何でも許されるかというとそうではありません。就業規則にボーナスの支給要件を定めている場合、会社側はその要件を守る義務があります。例えば就業規則において「前期ボーナスを査定する期間を1月から6月と定め、8月に支給する」と定められていたとしたら、7月に退職したとしても8月に出るボーナスの支給対象者になってきます。しかし、就業規則に「ボーナスは支給日に在籍している者に対してのみ支給する」といった条項があれば、残念ながら退職した後にボーナスを受け取ることはできません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…
  2. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…
  3. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  2. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  3. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  4. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  5. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  6. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
ページ上部へ戻る