ボーナス(賞与)前後の転職で損をしないために押さえておくべきポイント

転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります。転職のタイミング1つで、ボーナスが貰える・貰えないが左右されることは多くあります。もう少しだけタイミングを遅らせればボーナスを貰えたのに…と後悔することのないよう、転職のタイミングには気をつけなければなりません。そこで今回はボーナス前後の転職で損をしないために押さえておくべきポイントについてお話していきたいと思います。


まずはしっかりと会社規定を把握しておくこと

ボーナスの支給は多くの場合、企業ごとの就業規定などで定められています。まずはどのような条件になっているかなどをしっかりと把握するようにしましょう。業績によって支給額が変動するケースもあれば、算定期間内に在籍している事を条件とする場合もあります。他にも現物支給となるケースなどもあり条件は様々です。知らなかったばかりに条件を満たしておらず、結局貰うことができなかった、と損しないようにまずはしっかりと規定を把握しておくことが大事です。


やはりタイミングは重要

退職のタイミングを考えることも非常に大切です。退職日自体もそうなのですが、上司などに退職を伝えるタイミングそのものも重要になります。転職に伴って早めに退職の意志を伝えたい気持ちがあったとしても、あまり早く伝えてしまうことはボーナスの支給に影響がでることもあります。支給されなかったり、支給額が減額になったりするケースは多くあります。

とは言えそれが原因で退職が遅くなってしまうと、新たな転職先が決まっている場合転職先に迷惑をかけてしまうことも気をつけなければなりません。転職に影響がでないことを確認した上で、しっかりとそのタイミングを計算することが重要です。退職前にはそれまでに溜まっている有給休暇などを消化することが理想的ですが、こうした行動もボーナスの支給に影響が出ることも覚えておくべきポイントです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 部下のモチベーションを下げる上司の言動・特徴9つ

    部下のモチベーションを引き出せないというお悩みをお持ちの上司の方はいませんか?実は、それは部下自身の…
  3. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  2. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
  3. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  4. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  5. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  6. 髭というとダンディなイメージを与えられますし、きちんと整えてあるとそれだけでかっこよく見えてきます。…
ページ上部へ戻る