退職後の離職期間(ブランク)が長い人が面接で押さえておくべきポイント4つ

在職したままで転職活動を行っている方または退職したばかりという方と、退職後のブランクが長くなってしまった方では同じ対策で採用面接に臨めば良いという訳には参りません。ブランクが長い場合には、面接試験を乗り越える上で見逃してはならない特有のポイントがいくつかありますので、それらを押さえることが肝要です。では退職後のブランクが長い方が、面接試験に臨むにあたって押さえておかなければならないポイントとは何か。今回はこのポイントを4つほど皆さんへご紹介します。


「何故ブランクが生じたか・その間何をやっていたか」がポイント

まずブランクの長さを気にしている方が理解しておかなければならないことは、ブランクの長さよりもなぜブランクが生じたのか、その間どのような過ごし方をしていたのかが問われるということです。これは面接官の立場になって考えれば分かります。

例えばブランクが生じた理由として「生きるか死ぬかの重い病にかかってしまい、闘病生活と社会復帰に向けたリハビリ生活に2年間費やした」といった回答であった場合、皆さんが面接官ならその応募者を批判的にみるでしょうか。そうした理由ならブランクが生じたこともやむを得ないと納得できるでしょうし、面接官によっては長期に及んだ闘病生活やリハビリを乗り越えた精神力を高く評価する場合すらあります。

この事例でおわかり頂いたとおり、ブランクの長短は全く関係ないとまでは申しませんが、なぜブランクが生じたのか、その間どのような過ごし方をしていたかの方がはるかに大切な事項であり、ブランクが生じたのはやむを得ない事情であったとすれば、ブランクが長期に及んだことなど気にする必要はないのです。従って、仕事を暫く行うことができなかったやむを得ない理由があってブランクが生じた方はその経緯や内容を他者に理解してもらえるよう、簡潔にわかりやすく説明できるようにしておけば良いと言えます。


ロジカルシンキングを使ってブランクの過ごし方の理由を探る

ブランク期間中は入院していただとか、資格試験取得で勉強に専念していたといった方がいる一方、なんとなくやる気がでなくてダラダラと過ごしてしまったといった方もいるかも知れませんが、そのような方々はどうすれば良いかを伝授いたします。そうした過ごし方をした方は、自分で理由に気付けていないだけでそうした過ごした方をした何らかの理由があるはずなのです。例えば

・長時間労働で疲弊して、精神的に参ってしまい働く気力が生まれなかった
・自分が生涯をかける仕事として、何をやりたいのかわからなくなってしまった
・すぐに転職するつもりだったが、アルバイトの仕事が楽しくなり専念していた

等々様々なケースが考えられますが、理由が立派であるかどうかといったことは一切考えずとにかく自分に正直に理由を考えてみることが先決です。その理由の探り方ですが、「なぜそう考えたか」を繰り返すロジカルシンキングに取り組むことが有効です。

例えば自分がダラダラと退職後の期間を過ごしてしまった最初に浮かんだ理由が「自分がやりたいことがわからなくなった」とすれば、次に「なぜわからなくなったのか」と自問自答します。その答えが「Aだったから」だとすれば更に「なぜAだったのか」といった具合に「なぜ」を繰り返すことで深堀りしてゆく思考作業がロジカルシンキングです。そうした深堀作業を行えば、無為に思えた過ごし方にも何らかの自分なりの理由(それが立派な理由であろうとなかろうと)があったことに気付けるようになります。しかもこうした自己分析は何もブランク期間の過ごし方に限らず、面接時に自分を伝える上でとても重要な取り組みですので必ず取り組むようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    会社で同じ業務を担当していたり、社内のポジションが自分と変わらないのに、なぜか上司からえこひいきされ…
  2. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…
  3. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  2. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
  3. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  4. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
  5. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  6. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
ページ上部へ戻る