大物になる人の5つの特徴

大物になる人の5つの特徴

この記事をご覧になる方はきっと「周囲の人よりもお金を多く稼ぎたい」「出世して偉い立場になりたい」「知名度を高めたい」などの願望を持った人だと思います。大物になるというのは、社会で一定以上の評価をされるような成功者になりたいという気持ちの表れではないでしょうか。

私は現在36歳。学生時代の友人から社会人生活で接点を持った方まで、これまで数千人の人と知り合い、考え方や生き方を見てきました。そのなかには巨万の富を築いている人や、仕事で成功を収めている人もいれば、夢を諦めてしまった人、頑張ってはいるものの努力に成果が追いついていない人など、様々な人がいました。

私の経験上、大物になる人には共通する特徴があります。ここでは、私がこれまで出会った人のなかで成功している人の特徴についてお伝えします。もしあなたが成功者になりたいのであれば、この記事を参考にしてくださいね。では早速見ていきましょう。

ここで説明する大物の定義は「社会的成功者」

「大物」の定義は人によって異なります。政治家や業界団体といった、あなたが関心のある業界のなかで勢力を持ったり、権威ある立場になったりすることを「大物」と思う人もいれば、社内で出世し、重要な役職に就くことを「大物」だと感じる人もいるでしょう。財を成す人のことだと考える人もいるはずです。また、自身の心の成長ややりがいを追求した人間的成功者の方もいるでしょう。

私がここでお伝えする「大物」の定義は「社会的成功者」です。社会における自己実現やお金儲け、ビジネスでの成功者のことです。つまり、会社経営者や億万長者、ある業界で誰も成し遂げることができないような記録的な実績を上げた人のこと。

もしあなたがそこを目指したいのであれば、ぜひ読み進んで欲しいとおもいます。

大物になる人の5つの特徴

1.強い信念を持っている

信念とは簡単にいうと自分の考えが正しいと信じて突き進むこと。自分は将来こうなりたい、こんな人生を歩みたいという確固たる目標を持ち、それを実現するために突き進む強い気持ちを持っている人は成功して大物になっているケースが非常に多いです。

多くの人は、学生生活のなかで大多数の意見が集まっているほうが正しいという考えを擦り込まれ、「右向け右」の精神を叩き込まれます。その過程を通じて、自分の考えや個性が失われてしまったり、周囲から強い反発を受けることにより信念が揺らいだりといったことが起きがちです。

強い信念を持っている人は周囲からバッシングを浴びても悲観的にならず、自己実現のために物事をポジティブに捉えて邁進する人が非常に多いです。私のひとつ上の先輩であり尊敬する経営者の人は、ある大手企業で前人未到の営業実績を叩き上げた後、独立することを決意しました。そのとき、周囲の人は「独立は失敗する可能性が高い」「今のポジションで何が不満なのだ」などと起業することを阻止しようとしましたが、彼はそのまま自分の意思を貫き、独立しました。現在4期目で売上は16億。一期目から黒字を維持し、従業員数も年々増加し、業界でも有名人になっています。

一代で富を築いた経営者やプロスポーツ選手、文化人には実現したい目標があり、それを夢で終わらせないための行動力があります。

あなたには、人生を通じて絶対に成し遂げたい夢はありますか?家族や友人・恋人から反対されても貫けますか?大物になるというのは、それくらいの強い信念がないといけないことなのです。

2.責任感が圧倒的に強い

あなたはこれまでの人生のなかで、目標を達成できず悔しくて泣いた経験はありますか?または達成したことが嬉しくて涙を流したことはありますか?人によって感情の表現方法は異なるため、泣けば良いというものではありませんが、いずれにしても責任感の強さはなんらかの形で自身の心に刻まれ、また周囲にも影響を与えます。

人は思い通りに物事が進まないとき、周囲の人のせいにしたり、環境のせいにしたりするなど自分以外の誰かに責任転嫁する傾向があります。最後まで諦めず、当事者意識をもって可能性を信じ、本気で向き合い続けるのは簡単なようでとても難しいこと。自己実現するまで努力を積み重ね、成果を追い求める心の強さは大物になるための絶対条件です。

3.人望が厚い

野球やサッカーなどのチームスポーツ同様、仕事は組織に所属するメンバーの力を合わせて勝負する「総力戦」が基本。いくら「個の力」が優れていても、それでは太刀打ちできません。

人望とは他人から寄せられる信頼・崇拝・期待の念のこと。大物になる人は時に厳しく、時に優しくメンバーと接し、信頼を勝ち得る力が備わっているとともに、周囲をまとめて一体感を高めることができる存在です。

戦略や戦術といったマネジメント力があっても、メンバーが指示通りに動いてくれなければチームとして機能しません。大物になる人には「あなたの言うことなら信じて取り組む」といってくれる「腹心の部下」が必ずいます。強いリーダーシップ力でチームを牽引するスキルは必要不可欠でしょう。

4.正しい判断力・素早い決断力がある

ビジネスチャンスはタイミングを逃すと二度と訪れません。チャンスが巡ってきたときに客観的な目線で正しい判断のもと、決断するスピード感がとても重要です。

天賦の才で判断力を持っている人も稀にいますが、多くの場合、これまでの経験から決断力や判断力を培ってきた人がほとんどです。自分の考えを押し殺して他人の意見に相乗りする癖が染みついている人は、まずは小さなことで結構です。自分で決めることを習慣化しましょう。それが大物になる人への第一歩となるのです。

5.行動力がある

大物になる人は現状に満足せず、興味・関心のあることにチャレンジする行動力があります。好奇心旺盛な性格で、常にアンテナを張り巡らせ、とにかく「やってみる」ことがモットー。また、始める前に失敗することを恐れたりしません。

また、日常的に情報収集を行い、時代や世の中の潮流への嗅覚を研ぎ澄ませ続けてもいます。大物になるための大切な条件のひとつ。転がり続ける石に、コケは生えないのです。

さいごに

今回は大物になる人の特徴について、5つの能力を解説しました。大物になるのは難しいと感じたかもしれません。ですが安心してください。いくら何でも、これら全てのスキルを備えているスーパービジネスマンは一握りしか存在しません。というのも、成功者の多くは、これらのうち、ひとつの能力を伸ばして仕事で生かしているのです。

大物になるには弛まぬ努力の積み重ねが必要ですが、この記事でご紹介した特徴を参考に、なりたい自分に近づけるよう頑張ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンに必要なビジネスアイテムの1つである、「ビジネスバック」。一口にビジネスバックと言っても…
  2. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  3. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  4. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  5. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  6. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
ページ上部へ戻る