美人が面接で有利になる「顔採用」は本当にあるのか

同社の考えを解説すると、同社は活き活きと働く女性が多く集う会社にするには、女性が憧れる「すてきな」モデルとなる女性が必要との考えがまずあったということです。しかも女性が素敵だと思える女性が組織の多数派になるようにしたいという思いがあり、その結果が戦略的に顔採用を推進してきた理由ということです。顔採用を公言している企業は少ないだけに、こうした企業側の考えを知ることは顔採用の善し悪しではなく、企業単位での就職や転職を検討する上で意義のあることだと言えます。

イケメンや美人でなかったとしても「不利」にはならない理由

イケメンや美人が採用で有利に働く場合があるからと言って、「イケメンや美人ではない自分は就職活動で不利になってしまう」と悲観する必要はありません。イケメンや美人とそうでない人を隔てる差とは「印象」です。

ならば顔立ち以外で「印象」を高める努力をすれば、ハンディは跳ね除けることが十分可能です。具体的には、鏡の前でにこやかな表情を作ること、質問に回答する場合には元気さや明るさを意識して回答するようにすることです。そうした努力を重ねることで印象を高めれば、不利な面も必ず克服することはできます。

印象が面接の重要な評価要素

印象が面接の重要な評価要素

第一印象が重要なポイントに

皆さんは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?この法則は、自分に対する相手からの印象は、視覚情報(表情やしぐさ、見た目など)が55%、聴覚情報(声の大きさやテンポ、抑揚など)が38%、言語情報(言葉遣いや話している内容など)が7%で決まっていると言われています。

つまり、最初の第一印象であなたの印象や雰囲気というものは半分程度決まってしまうのです。就活・転職の面接でも同じことが言えて、面接官はあなたを見た視覚情報から印象が良いか悪いかを判断してしまって、残りの聴覚情報と言語情報があまりにも悪くなければそれで採用となってしまいます。

これでは美人ではない人は就活・転職も上手くいかないのでは?と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。第一印象を良くすれば面接でも有利になるのです。

第一印象を良くするためには?

面接で第一印象を良くするためには、身だしなみを整えることがとても大切です。特に女性の場合、就活時のメイクは重要なポイントとなります。就活時のメイクにオシャレさは求められていません。顔を明るく、好印象に見せるためにメイクが必要となるのです。

メイクが濃すぎても薄すぎてしまっても良くないので、血色が良く健康的に見えて、なおかつ清潔感を引き出すようにすると良いでしょう。例えば、ベースメイクは自分の肌の色に合わせたファンデーションを使い、目元にある「くま」や「くすみ」などはコンシーラーで消してからベージュ系のアイシャドウを載せていきます。

派手なアイシャドウや太いアイラインなどを使うと目を大きく見せることが出来ますが、きつい印象になってしまうのであまり良くありません。眉はペンシルとパウダーを使い分けて描いていきます。直線ではなく山型に描くことで柔らかい印象を与えることが出来るでしょう。チークは付け過ぎないように、ブラシで軽く入れていきます。この時、笑顔を作って頬骨が上がったところから耳に向けて入れていくと自然にチークを入れることが出来ます。

最後に口ですが、グロスなどのツヤが出るものは派手になってしまい清潔感が失われてしまいます。血色が良く、健康的に見せるために口紅の色はピンクベージュを使うと自然な仕上がりに見えるでしょう。

髪型も大切!

メイクだけでなく髪型も第一印象を決める大切な要因です。ロング〜セミロングの方は必ず髪を結ぶようにしましょう。ボブやショートの方も顔がはっきり見えるように、耳に髪を掛けてピンで止めたり、前髪を分けることで清潔感を見せることが出来ます。

髪を結ぶ時に高い位置で結んでしまうと、よりカジュアルな雰囲気になってしまうのでなるべく下の方で結ぶようにするのがポイントです。また、ポニーテールでなくても、髪の上部だけをまとめたハーフアップでも印象は良くなります。これらのメイクや髪型に気を付けて、面接官の自分に対する第一印象が良くなるように準備してから面接に臨みましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  2. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  3. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  4. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  5. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  6. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
ページ上部へ戻る