美人が面接で有利になる「顔採用」は本当にあるのか

「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関する噂というのはたくさんあります。しかし、この顔採用は本当にあるのでしょうか?

顔採用はあるといっても過言ではない

企業に対して真正面から「顔採用はありますか」と尋ねたら、否定する企業の方が圧倒的に多いはずです。しかしながら、実際に顔をひとつの基準として採用する企業は少なからず存在します。その理由は企業によって様々であり一様ではありませんが、ひとつ例を挙げるなら、企業の対外イメージを高めるために、どのような顔立ちの女性が好ましいかを戦略的に検討した上で採用活動を行ったというケースがあります。

そのため、顔採用について考える上で大切なのは、どの企業もビジュアル面に対して同じような考え方を持っている訳ではないこと、また美人だから、イケメンだからという理由だけで就職に有利になると考えてはいけません。美人が面接で有利になる「場合がある」のは事実ですが、その逆に戦略的理由からあえて美人は採用しないとしている場合もあるのです。つまり、この両方の可能性を考えた上で「顔採用」の存在を受けとめておくことが、この先面接を受ける就活生の皆さんにとっては大事なのです。

顔採用をしやすい業界・職種

顔採用をしやすい業界・職種

(1)顔採用をする理由

ではなぜ顔採用が行われるのでしょうか。大きく分けて2つの理由があげられます。ひとつ目はあくまで感覚的な「印象」の問題です。あくまで一般的な印象ですが、例えば一重で目が細い人はやや暗い、あるいは冷たい印象を与えてしまう場合があります。

その一方、二重で目元がパッチリしている女性は目元だけで明るく、華やかな印象を与えやすい面があります。面接官も人間ですから、そうした外見的印象に引きずられてしまうことがあります。

二つ目の理由は、業種や職種によって戦略的な企図から顔採用を行っている場合です。ただし、顔採用しやすい業界や職種に当てはまるからと言って、それに属する全ての企業や職種が顔採用を行っていると考えるのは適切ではありません。あくまで業界や職種の一般的傾向であり、個々の企業単位でみた場合にはそれぞれ事情が異なるので、その点は混同しないよう注意してくださいね。

(2)顔採用しやすい業界・職種

顔採用をしやすい業界・職種は次のようになります。

業界

・広告代理店業界:大口スポンサー企業の獲得が広告代理店の売上を左右することになります。そのため、クライアント企業からの印象をより高める狙いから、とりわけ女性の営業マンや接客応対する場合が多い営業事務職員は顔採用によって、美人社員を揃える傾向が強いと言われています。

・金融業界:金融業界のメインターゲットである顧客は資産家が多いため、資産家からの受けや印象を良くする狙いもあり、広告代理店同様に顔採用によって美人やイケメンを積極的に採用する傾向があると言われています。

職種

・アナウンサー:近年テレビ局は特に女子アナをタレントのように扱う傾向があるし、大型テレビ画面の普及と共に男女ともアップに耐えられる顔立ちを重視する傾向から、職種としてアナウンサーは採用時に顔立ちはかなり重視されます。

・受付嬢:会社の受付窓口となる受付嬢は、会社の印象を大きく左右することになります。そのため、顔立ちや特に表情、印象などは採用時に重視される傾向があります。

(3)能力が同じなら顔で有利になる

では顔採用は一切行われていない企業や職種における採用面接ならば「顔」は一切関係ないかと言うと、残念ながらそのようなことはありません。

「顔採用が行われる理由」として「印象」という理由をあげましたが、例えば目元がぱっちりとした二重の女性と一重で尚且つ目が細い女性が面接試験に臨んだ場合を考えてみてください。仮にどちらか一人を採用しなければならないとなった場合で、面接での評価が互角ならほぼ間違いなく前者が採用されます。

その理由はいたってシンプル。前者の方が明るく快活な印象を一重で目が細い女性より与えやすいからです。この点は面接官も人間であり、抽象的な印象や感覚で左右される場合があることは多少仕方がないことだと言えます。

つまり、採用試験は合理的な理屈だけで全て答えを出せるものではなく、人が人を評価する上での「限界」というものがあり、その中に「顔」という要素が含まれてくる場合があることを現実的に受け止めておく必要があるということです。

「サイバーエージェント・藤田社長」の顔採用に関する回答

サイバーエージェントは特に女性社員について、メディアの取材に対して顔採用を否定しない見解を披露しています。ではどのような意図があってそうした採用を行っているか、藤田社長自身の考え方を言葉で紹介します。

「ロールモデル(女性が会社で働く上でお手本となるモデル)はすてきでなければいけない。だから、98年に起業した時、そういう(すてきな)人がマジョリティーである組織を作ろうと意識して採用していた」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  2. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  3. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  4. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  5. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  6. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
ページ上部へ戻る