遅刻を繰り返す部下を正しく指導する方法

「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」
「まさか、また遅刻…!?」

給料をもらって働いている以上、決められた時間に出社し、指示された仕事をスタートさせなければならないのは当たり前なことです。しかし、時として寝坊をし、遅刻をしてしまうこともあります。問題は、遅刻を繰り返す人がいた場合です。そういう人が一人でもいると、職場の風紀を乱し、組織としての仕事の進行にも影響を及ぼします。そのような部下がいる場合は、上司として責任を持って指導する必要があります。

◎遅刻を繰り返す部下を正しく指導するための5段階対応

もう二度と遅刻を繰り返すようなことを起こさせないための指導方法として、次の5段階対応が効果的です。

  • 第1段階:毅然とした態度で接する
  • 第2段階:頭ごなしに叱りつけない
  • 第3段階:遅刻をしてはならない理由を考えさせる
  • 第4段階:遅刻を繰り返してしまう理由を明らかにする
  • 第5段階:遅刻をしないための具体的な対策を明らかにする

それでは、それぞれの段階項目を具体的に見ていきましょう。

①毅然とした態度で接する

一人の人間が遅刻を繰り返すことで、周囲の人間が迷惑をこうむります。遅刻をした人間がやるべき仕事がストップすることで関連した仕事を担当している人の仕事がストップしてしまうこともあります。真面目に仕事をしている人の気分も悪くしてしまうでしょう。このように、遅刻は、一個人の失態では済まされないことなのです。上司として、次のような毅然とした態度で接する必要があります。

・みんなが迷惑するのだということを指摘する
・評価にも影響するのだということも指摘する

②頭ごなしに叱りつけない

毅然とした態度で接する必要があるのですが、頭ごなしに叱りつけてはなりません。一方的に叱りつけたり相手の人格を否定するような言葉を発したりするのは逆効果です。指導の目的は、相手が反省をし、二度と遅刻を繰り返さないようになることです。

頭ごなしに叱りつけてしまうと、相手が委縮し、どうしたらよいのかを考えることができなくなってしまいます。そうなると、本質的な解決には結びつかずに、再び遅刻を繰り返してしまいます。

上司は、次のような態度で接することが望ましいです。

・相手の良いところを認めたうえで遅刻が欠点の一つだと指摘する
・ほかの人が見ている前で叱らない
・上司として期待していることを口にする

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  2. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  3. 中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な…
  4. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  5. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  6. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
ページ上部へ戻る