気が利く人の6つの特徴・欠点と向いている仕事まとめ

気が利く人の6つの特徴・欠点と向いている仕事まとめ

あなたの周りに「気が利くなー」と思わせてくれる人はいませんか。気が利く人がそばにいてくれるとなにかと助かることが多いのではないでしょうか。ちょっとした心遣いがうれしいですよね。今回は「気が利く人」について考えていきます。

気が利くとは

「気が利く」という言葉、言葉にして説明するのはなんだか難しい気がします。辞書で調べてみますと、「行き届いた気配りができること、細かいところにまで注意が及ぶこと、よく配慮されていること」という言葉が出てきます。また、「粋である」といった意味もあります。たしかに、気が利く人は細かいところまでよく見ていてくれて配慮してくれますね。そうしたことは「粋」でもあります。

気が利く人の6つの特徴

気が利く人の6つの特徴

つづいては、気が利く人の特徴について考えていきましょう。

1.誕生日を忘れない

気が利く人は友人や家族、そして職場の人のものまで、誕生日を覚えてくれています。親しい人には誕生日のパーティなどを計画してくれることもあるでしょう。記念日をちゃんと覚えてくれており、プレゼントも相手が喜ぶものを考えて贈ってくれるのではずすことがありません。

2.聞き上手

気が利く人は自分中心に話をするということがありません。話し手がいつでも気持ちよく話すことができるように相手の話を真面目に聞いてくれます。話しに相槌をうってくれたり笑顔で答えてくれたりします。そのため、相談事を話したあとは清々しい気分にさせてくれます。また、謙虚な一面があることから相手を立てることを忘れません。

3.些細なことでも気付いてくれる

気が利く人は、相手がしてくれたことに対しても敏感です。してもらったことに対しては必ずお礼を言い評価してくれます。しかし、自分がしてあげたときにはそれを全面に押し出してアピールすることはありません。飲み会ではグラスの空いた人に注文確認したり、取り皿を率先して配ったりといったことが自然におこなえます。気が利く人はお互いが気持ち良く付き合える関係を築こうと考えているのです。

4.人の話に割り込まない

自己主張の強い人は、相手が話をしているときに割って入って、自分の意見を述べたり主張したりします。しかし、気の利く人は決して人の話を途中で遮ったりしません。最後まで話をしっかり聞いてくれるのです。それが愚痴であっても例外ではありません。相槌を打ちながらちゃんと聞いてくれます。

5.周囲のことをよく見ている

気が利く人は周囲の空気感や雰囲気を掴むのが得意。じろじろ見なくとも状況をきちんと理解することができます。例えば、職場のメンバーの具合が悪い時、何も伝えなくとも顔色や普段とは違う様子から体調の悪さを察知して声をかけてくれたりします。特に意識している訳でもないのに、普段と違うちょっとした変化に気づくなど、周囲のこともきちんと目に入っているのです。

6.仕事もできる

気が利く人には仕事ができる人が多くいます。どのような仕事をしていてもそれは例外ではありません。相手の気持ちを第一に考えて行動する習慣が身についているため、その職種ならではの対応ができるのです。

業務を進めるスピードはもちろん、上司の指示内容以上の成果物に仕上げてくることから、上司の右腕となり、またメンバーから信頼を勝ち得ることができます。何事にも素早い対応ができることからチーム内の評価が高く、期待に応える努力も怠らないため、出世の道が待っています。

気が利く人の欠点・短所

1.利用されてしまうことがある

気が利く人は「いい人」であることが多いため、困っている人に手を差し伸べるなど、誰にでも優しく振る舞います。しかし、それを上手く利用しようと考える悪い人がいたときに、騙されてしまったり損な役回りを演じてしまうことも。気が利く人の、頼まれると断れない性格を逆手に取って仕事を押し付けてきたり、図々しいお願いや陥れようとしたりする人もいるのです。気が利く人のデメリットといってもいいでしょう。

2.ありがた迷惑と捉えられることも

気が利く人の気配りのある行動は、時としてお節介な印象を与えてしまいます。自分ひとりで解決できることにも口出ししたり、余計な世話をしたりと、親切心で協力したつもりでも、相手から「信頼されてないのかな」「うざい」と思われることも。自分で結論を導き出して物事を進めたい人には周囲への立ち振る舞いが、相手のことを考えているというよりは自己満足だと捉えられてしまい、相性が悪いときもあるので要注意です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  2. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  3. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  2. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  3. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  4. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  5. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  6. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
ページ上部へ戻る