人に好かれる人の特徴10選

誰しも人から好かれたいという気持ちを持っています。ですが同じように接しているのに、気が付けば人に好かれる人と嫌われる人に分かれています。その違いはどこにあるのでしょうか。人の好き嫌いは個人的な感情にも左右されるため、改めて考えみるとイメージしにくいかもしれません。ですが人に好かれる人には共通する特徴があるのです。今回は、人に好かれる人と嫌われる人にはどのような違いがあるのか、迫ってみることに致します。


人に好かれる人の特徴・嫌われる人との違い10選

(1)自分よりも相手の希望を優先して考える

自分よりも相手の希望を優先して考える人に好かれる人は、相手の人の意見や希望を聞く習慣が身についています。日常生活の中では、自分か相手のどちらかが譲歩しないといけない場面や、相手の人の意図を理解すべきシーンも少なくありません。そのような時に相手の立場で物事を考えることができたり、どうしたいのか尋ねられる思いやりのある行動が取れるのです。

嫌われる人は、自分の要求をつき通すことを第一に考えます。相手の気持ちに対して何の配慮も持てない自己中心的なタイプは嫌われる人の典型例といえます。


(2)人に興味や関心を持っている

人に好かれる人は、相手の人に興味や関心を持って接しています。仕事や趣味など、相手が頑張っていることや話しやすい話題をふって会話を広げることができるのです。もしもタブーの話題に触れてしまったら相手の表情からその気持ちを読み取って、話の内容を方向転換することも忘れません。

嫌われる人は相手に関心を持ちません。自分が話したいこと・聞きたいことが会話の中心になってしまいます。そのため人に聞かれたくないプライベートなことでもお構いなしに質問するのです。会話の基本は相手との距離感を掴むこと。嫌われる人はその距離感がわからないのです。

自分の名前を覚えてもらうと、名前を覚えてくれている人に親しみや安心感を覚えます。


(3)約束を守る人

約束を守る人人から好かれる人は相手との約束を必ず守ります。約束を守る人は相手のことを考えれる人。責任を持って約束を果たすことが、相手との信頼関係を築く上で大事なことだと理解できているのです。もしも約束が守れないような事態になったときでもすぐに相手に連絡を入れるため、好感度が下がることはありません。

嫌われる人は約束を破ることはもちろん、約束したことを平気で忘れたりします。約束を破ったことで失う信頼はとてつもなく大きいもの。しかし、約束の重みが分からない人かと思いきや、自分が約束を破られたときは自らがスピーカーとなって声高に不満を漏らすのです。


(4)些細なことでも感謝の気持ちを伝える人

人から好かれる人は感謝の気持ちを持って周囲と接しています。そのため、些細なことでも協力してくれた人への「ありがとう」を忘れません。その言葉や姿勢が相手との信頼を構築し、さらにお互いを助け合う関係を作るのです。人を気遣う気持ちに労力の大小は関係ありません。

嫌われる人は周囲の手助けを当然のものと考える傾向があります。相手は感謝の言葉を期待して協力したり、手助けしたりする訳ではありません。しかし相手も人です。横柄な態度をとる人を助ける義務はありません。困っていても誰も助けてくれなくなってしまいます。


(5)聞き上手

聞き上手誰しも自分のことを話したいし聞いてほしいもの。人から好かれる人は自分も話したいけど聞き役に回って、まずは相手の話を受け止めます。特に聞き上手の人は話の展開をうまく広げるので相手は心地よく話すことができます。理解を示してくれる相手に厚意を持つのは当然といえるでしょう。


(6)辛い状況でも周囲に不満を漏らさない

人の表情は、場の雰囲気を大きく左右する要因のひとつ。険しい表情の人がいれば誰しも凍りついたその場を離れたい気持ちになります。人から好かれる人は自分が辛い状況でも、周囲には笑顔で明るく振る舞います。なぜならあなたの負の感情が周囲に悪影響を与えることを理解しているから。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  2. 第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度…
  3. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  4. 役職の順番を理解する 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  5. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  6. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
ページ上部へ戻る