銀行員に転職するために有利な資格5選

銀行員は仕事に対する正確性や対外的信頼性が特に求められる職種ですから、専門的知識を有している証しとなる資格は転職において有利になってきます。では、銀行員への転職を目指す場合に有利になってくる資格にはどのようなものがあるか、確認することにしましょう。

①簿記2級以上

銀行員は、簿記が基本となって作成される企業の帳簿内容を理解できる必要があります。従って簿記の資格は銀行員にとって有利になると言うより、仕事上身に付けておくことが望ましい資格と言えます。そのため、転職時に一定の評価を得る場合には、基礎レベルである3級では不十分です。簿記資格を取得するなら2級以上を目指すようにしましょう。

②ファイナンシャルプランニング技能士2級以上

投信窓販(投資信託の銀行店舗での直接販売)が解禁されて以降、銀行は融資という基幹業務に加え、投資信託等の金融商品を通じた顧客の資産形成を促す業務も収益の大きな柱となっています。それに伴って、個人の生活設計を踏まえた財産形成をアドバイスしたり、提案したりするファイナンシャル業務の技能や知識を有するファイナンシャルプランナーへの資格ニーズが銀行で高まってきました。

事実、ファイナンシャルプランナーの資格を保有していない行員に対して資格取得を積極的に奨励している銀行も少なくありませんので、ファイナンシャルプランニング技能士の資格を保有していれば、転職の際有利になってきます。

では、ファイナンシャルプランニング技能士なら何級でも良いかと言うと、そうではありません。3級は入門レベルですので採用時での評価を期待することは難しいと言えます。実務的知識は2級以上となっていますので、簿記同様ファイナンシャルプランニング技能士も2級以上の取得が望まれます。

③宅地建物取引主任士

銀行員に転職する上で宅地建物取引主任士、いわゆる宅建資格が有利になると聞いて意外に思った方もいるかも知れませんが、銀行業務において宅建有資格者の知識は大いに力を発揮します。例えば銀行の個人向け融資商品の代表格である住宅ローンは勿論、企業融資においても企業が有する土地や建物を担保として融資が行われることをご存知の方は多いと思われます。

土地等を担保として融資を行うには、その土地に対する担保評価や法的な権利関係の把握等々、不動産に関する専門的知識が銀行としても重要になってくるのです。従って、合格率15%前後という難関国家資格ですが取得するだけの価値は大いにありますので、宅建も転職に向けておススメしたい資格の一つです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 感受性が強い人の5つの特徴

    感受性が強い人の5つの特徴

    あなたは「感受性が強い」と言われたことがありますか?「感受性」を構成する漢字を見る限りでは、何かを感…
  2. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…
  3. 上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    「ランチにいかないか」 上司からランチを誘われたけど、たまにはひとりで食事したい気分の日もあれば、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  2. 簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務…
  3. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  4. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  5. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  6. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
ページ上部へ戻る