転職理由が「ワンマン社長だから」の場合は伝え方を変えよう!

転職理由が前職または在職中の会社の社長が「ワンマン社長」といった場合、面接の場でストレートにその理由を伝えることは避けた方が良いと言えます。しかし無難な表現やそれ程大きな理由ではない他の理由ばかり伝えようとすれば、説得力が損なわれる可能性が高まりますし、面接官に「本心を語っていないのでは」といった印象を与えてしまうおそれもあります。ではこの転職理由を伝える場合にはどうすれば良いのでしょうか。今回は「ワンマン社長」であることが転職理由の場合、それを面接の場で伝える場合の伝え方を皆様へ伝授致します。


面接で伝える前に整理しておかなければならないこと

中途採用面接において「転職理由」は必ず質問される、対策必至の重要質問事項です。そのためワンマン社長といった転職理由を伝える場合には、自問自答等を通じて理由を細かく分析しておくことが大切です。例えば

・ワンマン社長ではなぜだめなのか
・ワンマン社長の具体的にどのような点がいけなけかったのか
・ワンマン社長の会社になぜ入社したのか
・入社当時の思いと現在の思いはどう違うのか
・もし転職先がワンマン社長だった場合はどうするつもりなのか
・ワンマン社長であることが理由で転職することは適切な判断と考える理由は何か

等といったことは少なくとも最低限整理しておくことが必要です。尚、今回は「ワンマン社長」という転職理由の伝え方にスポットを当てて自己分析例をあげましたが、他の転職理由についても同様に自己分析を行うことをおススメします。転職理由を細かく分析すれば、十分に考えが整理されていない点や感情的になっている点があった場合に気付くことができますので、転職理由として面接官に伝える場合の説得力や品質が増します。


非難してはいけない、感謝の気持ちを忘れてはならない

では転職理由として「ワンマン社長」のことを伝える場合のポイントを確認しましょう。一点目ですが決して「非難してはならないこと」と「感謝の気持ちを表す」ことです。前職または現職の社長や会社に対する非難や批判は、面接の場では決して行ってはならないことです。

聞いている側は不快になるだけですし、何より「不満なことがあれば外部に対して自社や自社の社長の非難を言う人物」と評価されてしまう可能性が高まるためです。また、ワンマンであったとしても会社員としてその社長や会社にお世話になってきたことは事実のはずです。そうしたことを棚に上げて非難をすれば「人に対する感謝の気持ちをもてない人物」とのマイナス評価も加わることになります。したがってワンマン社長を非難してはならないどころか、もしワンマン社長のことを転職理由の中で伝えるなら、感謝の気持ちを表す必要があるということです。


事例で学ぶ伝え方のポイント

「非難したい相手を非難してはならない?じゃあどうすれば」と思った読者の方も多いと思われます。どうすれば良いか、具体例を用いて説明しましょう。

現職(または前職)の社長は一代で会社を大きく飛躍、成長させてきましたし、お慕いしてもいますし、感謝もしています。今でもその思いは変わりありません。ところが社長の指示と上司の指示の相違が生じるようになり、現場にやや混乱が生じる場面が見受けられるようになりました。それぞれの指示には狙いや目的があり、決してどちらが正しい、誤っていると言ったことはないことを部下の立場としてよく理解できます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  2. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  2. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  3. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  4. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  5. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  6. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
ページ上部へ戻る