顧客と社外で待ち合わせをするときのビジネスマナー

社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合わせの相手との待ち合わせも、避けては通れないことになります。フランクな関係の友人と待ち合わせをするときとは異なり、「遅刻は論外」という緊張感のある待ち合わせと言えそうです。

友達との約束の場合には「遅れてごめん、迷ってしまった。」と遅刻した理由を伝えれば許されるケースも多いと思いますが、取引先の相手となれば、いくら「申し訳ありません。」と伝えたとしても、会社の印象を悪くしてしまうことは確実でしょう。

では、待ち合わせをスムーズにこなし、自分の印象・会社の印象を良くするために必要なことはなんでしょうか?待ち合わせをする際に大切なポイントを知っておけば、緊張感のある待ち合わせでも難なくこなすことができます。そして結果として、大きな利益を生み出すことができる人間に早変わりできるので、参考にしてくださいね。

①待ち合わせ場所を具体的に決めておく

顔を合わせた状態で話すことができる場合には、待ち合わせをすることが決まった時点で大まかに待ち合わせ場所・時間を決めてしまいましょう。「◯◯駅の西口改札に、××時でよろしいですか?」と問いかけることが重要です。この問いに対する返答によって、相手がよく知っている場所なのか?そうでないのか?をはっきりさせることができます。相手のよく知らない場所に指定してしまうと、待ち合わせ当日、相手の労力を増やすことになってしまいます。

また、約束の日になって「実はよく分からなくって・・・。」ということにも繋がりかねません。よくわからない場所を指定するのは結果として、会社に利益をもたらす行動とは言えなそうです。

②前日に確認の連絡を入れる

人は忘れてしまう生き物です。相手にもよりますが、「少し頼りないな。」という印象をもった相手には、あらかじめ連絡を入れて再度アナウンスしておきましょう。そうすることで、相手の時間も自分の時間も有効に活用することにつながるので、前向きな姿勢で連絡を入れましょう。

またこの連絡の際に、「◯◯駅に××時でよろしいですか?」としっかりと確認しましょう。今ではメールでのやりとりもできますので、「念のためにメールも入れておきますね。」などと伝え、時間と地図を送りましょう。このアクションは相手にとっても嬉しい心遣いです。ここで「この間お伝えした所。お時間で。」などと濁してしまうと、当日に困ることになってしまいます。ぜひはっきりと確認を行いましょう。

③連絡を入れた時点で要点・資料をまとめておく

日時・場所の確認と同時に、要点をまとめておくとよいでしょう。ついでに資料もまとめておくと、より効率的に物事を進めることができるでしょう。

また、連絡を入れる日をあらかじめ決めておき、「この日までに資料をまとめてしまおう!」と決めておけば、「そういえば連絡しなきゃ!と」バタバタと時間を過ごしてしまうということもなくなり、時間を有効に活用することが可能になります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    いつもお世話になっている上司宅に食事に招かれるという時、当然、手ぶらで伺うわけにはいきません。ですが…
  2. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…
  3. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に荷物になってくるものと言えば自分の鞄の他、冬場ならコートなどがあげられます。鞄やコートを面接…
  2. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
  3. 多くの人やお客様に接する職業では、「自己紹介シート」というものを利用している人がいますが、これはお客…
  4. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  5. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  6. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
ページ上部へ戻る