営業でミスしたときの謝罪方法

営業でミスしたときの謝罪方法

仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる可能性もあるため、誠実に対応する必要があるといえます。では謝罪するにあたって注意すべきことやマナーはあるのでしょうか。今回は謝罪方法をご紹介していきます。


営業でやってはいけない4つの謝罪方法

営業でやってはいけない4つの謝罪方法

1.謝罪の時、弁解や言い訳をする

営業上のミスで謝罪が必要になった場合、絶対にやってはいけないことがあれこれと弁解や言い訳を行うことです。謝罪しなければならない事態に至ったプロセスには、色々とやむを得ない事情があったかも知れません。そのことを相手に伝えた方が、もしかすると許しを請いやすいと思えるかも知れません。

しかし、約束を守れなかったために謝る必要が生じた場合、どんな事情があろうとも約束を守れなかったのが事実なら、その事実をしっかりと受けとめるべきです。言い訳や弁解は一切せず、約束を守れなかったことに対するお詫びに徹することが何より大切なことです。

2.謝罪メールだけで済まそうとする

もし営業の仕事でミスを犯した場合、絶対に行ってはならない謝罪方法が、相手に謝罪メールだけを送りつけて謝罪を済まそうとする方法です。お客様に対しては勿論のこと、取引先であっても、更には上司に対しても同じです。

メールを送られた立場になればわかりますが、例えどんなに立派な謝罪文が書かれていたとしても、電話すらよこさずメールだけで済まそうとしていることがわかれば「軽んじられている」と思い、相手の気持ちを却って硬化させてしまいます。

謝罪メールが許されるのは、あくまで「補助的」「二次的」な謝罪で利用する場合です。例えば相手方の元へ駆けつけてお詫びする前に、メールでそちらへ向かっていることと直接お詫びすることを伝えると共に謝罪の言葉も併せて伝えるといった場合です。

3.相手の都合を考えずにお詫びに出向いてしまう

ミスした際に「一刻も早く相手に会ってお詫びの気持ちを伝えたい」という気持ちは尊いものであり、大切でもあります。また、お詫びできるタイミングには限りがあります。今日したミスに対するお詫びを1ヶ月先に行っても時既に遅し、できる限り間をおかずに謝罪することが必要であることは言うまでもありません。

しかし、いくら急ぐ必要があるからかと言っても、一方でTPOというものがあります。相手の都合が悪いときに謝罪にこられても迷惑なだけですし、そのようなタイミングでは相手も許容する気持ちになれません。例えば休日や深夜、早朝といった時間での謝罪訪問は非常識です。TPOを踏まえ、できる限り相手の都合を考慮した時間帯でお詫びに出向くことが大切です。

4.わざとらしい謝罪やオーバーアクションでの謝罪

できない営業マンが謝罪する場合、謝罪の思いを態度で示そうとオーバーアクションで謝罪を行う場合があります。反省している気持ちを態度で示すことは重要なことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  2. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  3. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  2. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  3. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  4. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  5. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  6. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
ページ上部へ戻る