年収500万の手取り・貯金・家賃とは

国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので、年収500万という水準は男性サラリーマンにとってミドルクラスの年収と考えて良いでしょう。では、年収500万と一口に言っても実際の手取り額はどのくらいになるのか、また年収500万を得ているサラリーマンはどの程度の貯金をしており、またどの程度の家賃の物件に住んでいるのか等々、今回は「年収500万」にスポットを当てて情報を提供して参ります。


年収500万円の手取り額

収入年収500万円に対する手取り額ですが、配偶者や扶養家族の有無、住んでいる自治体の住民税額等の諸条件によって異なってきますので、細かくいくらと断定することはできません。従って、おおよその「目安」で手取り額を理解しておくことが適切であると言えます。

では年収500万の場合の手取り額の目安ですが、税金や社会保険料等がほぼ年収の20%程度、即ち額にして年間100万円程度と言われていますので、それらを差し引いた「400万円前後」の金額が手取り額の目安になってきます。ちなみに住民税を5,000円と仮定した上で、年収500万円のサラリーマンを「独身」と「配偶者一人・子供一人」の場合でシミュレーションすると、おおよそ次のような金額になります。

・独身 約404万円
・配偶者、扶養対象の子供一人 約418万円


年収500万円の貯金額

貯金年収500万円程度の収入を得ている世帯の貯蓄額について確認してみましょう。金融広報中央委員会が調査を行っている「家計の金融行動に関する世論調査」の2014年度データに基いた場合、年収500万円~750万円未満の場合の貯蓄額の平均値は「1337万円」となっています。しかし、この平均値が実態に近い数値かというとそうではありません。例えば親から億単位の遺産を引き継いだといった世帯があれば、それらが少数であっても平均値はかなり跳ね上がることになります。

そこで、回答された数値を小さい額から順番に並べた場合の真ん中にくる「中央値」の方が実態に近い数値になると言われていますのでこの「中央値」を確認してみると、年収500万円~750万円未満の場合は「600万円」という数値になっています。その上で「600万円」は年収500万円~750万円未満の金額なので、ちなみに年収300万円~500万円未満の中央値は「316万円」となっています。従って、この二つの数値から両者の丁度中央に位置する年収500万円の貯金額を推計した場合は、二つの中央値の平均値である「450万円程度」という金額が、おおよその貯金額として考えられます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  2. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  2. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  3. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  4. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
ページ上部へ戻る