年収300万円の給料手取り・貯金・家賃

年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当します。では額面給料300万円というサラリーマンは手取りとしてどのくらい受け取っており、どのくらいの家賃を支払えるものなのか、あるいはどのくらいの額の貯金が可能なのでしょうか。今回は年収300万円の方々の手取り収入、貯金、支払える家賃等についてご紹介することにします。

年収300万円は最も多い層

年収300万円は、年収別統計を見ると最も多い層になっています。民間給与実態統計調査結果によると年収300万円を稼いでいる人は822万人もいます。男女別の内訳では以下の通りです。

年収300万円の男女別人口
・男性:約532万人
・女性:約290万人

 
年収300万円は年収別統計で最も多い層になっていることから、今後はこの年収よりも高いか、低いかによって高年収なのかどうかの判断基準になりそうです。

年収300万円の手取り収入について

一口に年収300万円と言っても、例えば扶養している家族がいるか、その他特別な控除を受けているか等によっても手取り額は異なってきます。そこで独身で扶養家族なし、また生命保険や医療費、住宅ローン等の控除等は一切ないといった前提で年収300万円を考えた場合、

・社会保険料
・所得税
・住民税

 
が主に差し引かれる項目となりますので、ボーナスなしで年収300万円と考えた場合にはだいたい手取り額で年間240万円程度、月額では20万円程度となります。では月額手取り額が概ね20万円弱程度の場合、どのような支出となるか、家賃を含めた主な支出項目を探ってみましょう。

年収300万円の平均的な各支出項目額について

年収300万円、手取り額で月額20万円弱の場合、月次での各支出内容とそれぞれの費用はおよそ次のような額になると想定されます。

支出項目とその平均額
・家賃:5万円~6万円
・食費:4万円~5万円
・水道光熱費:2万円
・携帯、インターネット通信費:1万円
・保険料:1万円
・娯楽費、交際費:3万円~4万円
・貯金:2~3万円程度

この事例は年収300万円の人が必ずこうした支出をしているという数値ではありませんが、例えば家賃や食費などは、生活する上で必ず必要となる支出項目と言えます。また、例えば通信費や水道光熱費には基本料というものがあり、加えて1人暮らしと仮定した場合にはある程度の相場もありますので、ご紹介した推計値はそうした相場を参考に推計した値となっています。

家賃負担として7万円以上は負担が大きい

首都圏の家賃相場はご承知の通り大変高く、特に23区の城南エリア等になるとワンルームマンションであっても7万円から8万円程度します。しかしながら仮に20万円弱を手取り額とした場合、家賃に支出できる最大許容範囲は収入の30%程度と言われていますので、その限度額は6万円。家賃だけで7万円も負担してしまえば30%を超えてしまうことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  2. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…
  3. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  2. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  3. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  4. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  5. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  6. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
ページ上部へ戻る