年収300万円の給料手取り・貯金・家賃

年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当します。では額面給料300万円というサラリーマンは手取りとしてどのくらい受け取っており、どのくらいの家賃を支払えるものなのか、あるいはどのくらいの額の貯金が可能なのでしょうか。今回は年収300万円の方々の手取り収入、貯金、支払える家賃等についてご紹介することにします。

年収300万円は最も多い層

年収300万円は、年収別統計を見ると最も多い層になっています。民間給与実態統計調査結果によると年収300万円を稼いでいる人は822万人もいます。男女別の内訳では以下の通りです。

年収300万円の男女別人口
・男性:約532万人
・女性:約290万人

 
年収300万円は年収別統計で最も多い層になっていることから、今後はこの年収よりも高いか、低いかによって高年収なのかどうかの判断基準になりそうです。

年収300万円の手取り収入について

一口に年収300万円と言っても、例えば扶養している家族がいるか、その他特別な控除を受けているか等によっても手取り額は異なってきます。そこで独身で扶養家族なし、また生命保険や医療費、住宅ローン等の控除等は一切ないといった前提で年収300万円を考えた場合、

・社会保険料
・所得税
・住民税

 
が主に差し引かれる項目となりますので、ボーナスなしで年収300万円と考えた場合にはだいたい手取り額で年間240万円程度、月額では20万円程度となります。では月額手取り額が概ね20万円弱程度の場合、どのような支出となるか、家賃を含めた主な支出項目を探ってみましょう。

年収300万円の平均的な各支出項目額について

年収300万円、手取り額で月額20万円弱の場合、月次での各支出内容とそれぞれの費用はおよそ次のような額になると想定されます。

支出項目とその平均額
・家賃:5万円~6万円
・食費:4万円~5万円
・水道光熱費:2万円
・携帯、インターネット通信費:1万円
・保険料:1万円
・娯楽費、交際費:3万円~4万円
・貯金:2~3万円程度

この事例は年収300万円の人が必ずこうした支出をしているという数値ではありませんが、例えば家賃や食費などは、生活する上で必ず必要となる支出項目と言えます。また、例えば通信費や水道光熱費には基本料というものがあり、加えて1人暮らしと仮定した場合にはある程度の相場もありますので、ご紹介した推計値はそうした相場を参考に推計した値となっています。

家賃負担として7万円以上は負担が大きい

首都圏の家賃相場はご承知の通り大変高く、特に23区の城南エリア等になるとワンルームマンションであっても7万円から8万円程度します。しかしながら仮に20万円弱を手取り額とした場合、家賃に支出できる最大許容範囲は収入の30%程度と言われていますので、その限度額は6万円。家賃だけで7万円も負担してしまえば30%を超えてしまうことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  2. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  3. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. プライドが高い人の9つの特徴
    あなたの周辺にプライドの高い人はいるでしょうか。プライドの高い人に対して、周囲の人は、そんなに意固地…
  2. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  3. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  4. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  5. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  6. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
ページ上部へ戻る