怒りを管理するアンガーマネジメントとは


9.6秒間我慢する

怒りのピークは6秒間といわれています。怒りがこみ上げた時点から6秒経過すると次第に怒りは収まっていくのです。シンプルなことですが、意外に効果があります。部下のミスを見つけたら6秒間は我慢してから声をかけましょう。


10.その場から離れる

簡単な方法です。冷静になるためには「怒り」の対象から離れればいいのです。そして、大きく深呼吸してみたり、他のことを考えるなどし、気持ちが落ち着いてから席に戻るとよいでしょう。


11.良いことを考える

イライラしているときは一旦頭を切り替えて、楽しかったこと・うれしかったことを考えるようにしましょう。気持ちを前向きで明るい方向に導くことによって、怒りを抑えることができます。


12.気分転換する

気分転換できるものを用意しておきましょう。趣味であったりリラクゼーションであったり、また一杯のコーヒーでも結構です。心が落ち着けることを用意しておくことも効果があります。


アンガーマネジメントによる3つの効果

アンガーマネジメントによる3つの効果

1.怒りの持続時間を短くできる

怒りを感じても顔に出さない人もいれば、いつまでもイライラしている人もいます。振り返って考えたときに些細なことで怒ってしまったと思うことなら、なるべく早めに収めることが仕事に集中できて効率も高めてくれます。アンガ―マネジメントを試みることにより、怒りの持続時間を短くできる可能性があります。


2.怒りをモチベーションに変える

怒りは単なるイライラだけではなく、悔しさの感情が含まれることもあります。その気持ちを向上心につなげるのもひとつの方法。つまり、怒りによって生み出されたエネルギーを仕事のモチベーションに変えるのです。

「はらわたが煮えくり返る」とか「血が逆流する」など、怒りを表す表現は強烈なエネルギーを感じさせますね。この怒りのエネルギーは暴走すると破壊的行動になってしまうこともありますが、怒りのエネルギーを良い方向に向けることにより成功を収める方もいます。例えばノーベル賞受賞者の中村修二さんは怒りをモチベーションに発明を続けたといいます。


3.社内のメンバーからの信頼が高まる

怒りやすい上司とは、誰しも距離を置きたいもの。腫れ物に触ると自分にも被害が及ぶからです。怒りの感情をセーブし、相談に乗ってくれる人は頼もしく感じると共に信頼できる上司といえます。


アンガーマネジメントを習得しよう

今回はアンガ―マネジメントについてお伝えしました。怒りはコントロールできる感情です。アンガ―マネジメントを学ぶことで怒りの持続時間を抑えたり、怒りの感情をセーブしたりすることもできます。そして怒りのパワーをモチベーションや努力に変えることもできるのです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「仕事が評価されない」転職理由は通用するか

    面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…
  3. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  2. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  3. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  4. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  5. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
  6. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
ページ上部へ戻る