転職エージェントとの面談前に準備しておくべきこと

転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動において頼れる存在となり得るのが転職エージェントです。転職エージェントを通じた転職活動は、登録手続きを行った後の「面談」を経て本格的に始動することになりますが、その転職エージェントとの面談に向けて登録者が行っておくべき、あるいは行っておいた方が良い準備作業にはどのようなことがあるのでしょうか。今回は転職エージェントとの面談へ臨むにあたって、必要となる準備事項等について解説します。


考えを整理し、わかりやすく説明できるようにしておく

転職エージェントの面談の準備として必要なことをもし一言で言うなら、自分の事実情報を正確に伝えることが出来るようにしておくことと、転職に関する自分の考えや希望等をよく整理しておき、他者に対して自分の考えを分かりやすく伝えることができるようにしておくことです。まず「事実情報」についてです。

もし自分が回答した内容に「誤り」があった場合、嘘をつく意図はなかったとしても結果的にエージェントに誤解を与えることになり、内容次第によっては企業の紹介に悪影響が生じる及ぶ場合もあります。従って、すらすらと事実を回答できる自信があるという方でも特に学歴や社歴、資格取得年月日といった数値情報等は念のために事前確認しておき、正確を期すようにすることが望ましいと言えます。つぎに転職に関する考えや希望等についですが、具体的にどのような事項について考えを整理しておけば良いかを次にご紹介します。


整理しておくこと①「何故転職を考えようとしているのか」

自分の考えとして整理しておくべき事項の一つが「転職理由」です。転職を決断するまでにあれこれ相当思い悩んだとしたら、その思い悩んだプロセスについても整理しておき、エージェント側に簡潔にわかりやすく伝えるようにしておいた方が良いと言えます。なぜなら転職理由は本番の面接時にもかなり細かく尋ねられることですし、尚且つ最も重視される点でもあります。

そのためエージェントとしても登録者の転職を成功させるために、登録者の考えを正確に理解するということだけでなく、面接時に転職理由をどのように伝えればよいか適切なアドバイスが行えるよう、転職に至った背景等をできるだけ詳しく知りたいからです。そのため、もし転職理由がシンプルだという方は自己分析が不足している場合も考えられますので、深く掘り下げておくことが大切です。

具体的な方法としては例えば「人と接する仕事をしたいから」という理由だとしたら、「なぜ人と接する仕事をしたいと考えるようになったか」を自問自答し、仮にその答えが「人と接する機会が少ない現在の仕事が嫌になったから」という理由だったら更になぜ「それが嫌になったのか」といった具合に、「なぜ」という疑問を繰り返すことで4段階以上自分の回答を堀下げておくと良いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  2. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  2. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  3. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  4. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  5. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  6. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
ページ上部へ戻る