転職エージェントとの面談前に準備しておくべきこと

転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動において頼れる存在となり得るのが転職エージェントです。転職エージェントを通じた転職活動は、登録手続きを行った後の「面談」を経て本格的に始動することになりますが、その転職エージェントとの面談に向けて登録者が行っておくべき、あるいは行っておいた方が良い準備作業にはどのようなことがあるのでしょうか。今回は転職エージェントとの面談へ臨むにあたって、必要となる準備事項等について解説します。


考えを整理し、わかりやすく説明できるようにしておく

転職エージェントの面談の準備として必要なことをもし一言で言うなら、自分の事実情報を正確に伝えることが出来るようにしておくことと、転職に関する自分の考えや希望等をよく整理しておき、他者に対して自分の考えを分かりやすく伝えることができるようにしておくことです。まず「事実情報」についてです。

もし自分が回答した内容に「誤り」があった場合、嘘をつく意図はなかったとしても結果的にエージェントに誤解を与えることになり、内容次第によっては企業の紹介に悪影響が生じる及ぶ場合もあります。従って、すらすらと事実を回答できる自信があるという方でも特に学歴や社歴、資格取得年月日といった数値情報等は念のために事前確認しておき、正確を期すようにすることが望ましいと言えます。つぎに転職に関する考えや希望等についですが、具体的にどのような事項について考えを整理しておけば良いかを次にご紹介します。


整理しておくこと①「何故転職を考えようとしているのか」

自分の考えとして整理しておくべき事項の一つが「転職理由」です。転職を決断するまでにあれこれ相当思い悩んだとしたら、その思い悩んだプロセスについても整理しておき、エージェント側に簡潔にわかりやすく伝えるようにしておいた方が良いと言えます。なぜなら転職理由は本番の面接時にもかなり細かく尋ねられることですし、尚且つ最も重視される点でもあります。

そのためエージェントとしても登録者の転職を成功させるために、登録者の考えを正確に理解するということだけでなく、面接時に転職理由をどのように伝えればよいか適切なアドバイスが行えるよう、転職に至った背景等をできるだけ詳しく知りたいからです。そのため、もし転職理由がシンプルだという方は自己分析が不足している場合も考えられますので、深く掘り下げておくことが大切です。

具体的な方法としては例えば「人と接する仕事をしたいから」という理由だとしたら、「なぜ人と接する仕事をしたいと考えるようになったか」を自問自答し、仮にその答えが「人と接する機会が少ない現在の仕事が嫌になったから」という理由だったら更になぜ「それが嫌になったのか」といった具合に、「なぜ」という疑問を繰り返すことで4段階以上自分の回答を堀下げておくと良いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  2. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  3. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
  2. ビジネスの場では様々な書類や契約書を目にする機会があります。正しく適切に処理や対応を行うことが求めら…
  3. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  4. 「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
  5. 薬剤師が入社1年目で転職するのは不利か
    労働市場の流動性が高まり、薬剤師についても例外ではなく、職場を一年も経たずにやめてしまう例が増えてい…
  6. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
ページ上部へ戻る