【自分を磨く】アフターファイブの過ごし方


③自分の趣味や関心事でもOK!習い事に取り組むようにする

「自分を磨く」というテーマでの勉強や習い事となると、能力アップセミナーや職業資格取得講座の受講などをイメージするビジネスマン諸氏が多いのですが(勿論そのようなセミナーや講座受講も自分磨きに大いに役立ちますが)、そのようなテーマだけにこだわる必要はありません。チャレンジしてみたい資格がないと言った場合には無理に資格取得を考えようとせず、趣味や関心が持てそうなテーマの習い事に取り組むことでも十分自分磨きにつながります。

例えば料理に関心があるなら料理教室、デジタルカメラの撮影技術を極めたいならカメラ教室、あるいは会社の宴会で自慢ののどを披露したならカラオケ教室なども良いですね。

スポーツでも良いですし、楽器を習うこともで構いません。つまり仕事に直接関係がない遊び的なテーマであっても、自分の視野を拡げたり、気持ちを豊かにしたりする点で大いに役立ちます。大切なことは仕事に役立つかどうかではなく、自分が続けたいと思えるテーマを発見し「継続」することにあります。趣味的なテーマであっても上達すれば自信につながりますし、仕事のストレス解消にも役立ちます。また、上達すればその習い事のテーマで自分が今まで見えていなかったものが見えてくるようにもなりますのでそれが視野の拡がりにつながるだけでなく、仕事面でも間接的なプラスにもなってきます。



「自分を磨こう」と思い立った時とは、自分自身のモチベーションが高まっている時なのでとても高尚なテーマに向きがちです。しかし、自分磨きで大切なことは「継続」することです。アフターファイブは仕事で疲れている状態でもあるので、尚のこと自分が心から関心や興味を持てるテーマでないと長続きせず、中途半端に終わってしまいます。従って高尚なテーマだけにこだわる必要はありません。継続できることを優先し「楽しみながら」続けることが「自分磨き」にもなりますし、アフターファイブの充実、ひいては自分の人生の充実にもつながってきます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…
  2. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…
  3. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  2. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  3. 簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務…
  4. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  5. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  6. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
ページ上部へ戻る