20代で転職する際の「強み」と「弱み」

20代での転職は一般論ながら最も有利と言われていますので、他の年代と採用枠を競うことになった場合には年代上のアドバンテージがあると言って良いでしょう。ではなぜ20代は他の年代と比較して有利と言われているのか、つまり他の年代にない20代の強みとは一体何なのでしょうか。また、「20代だからこその弱み」があるとすればどのような弱みがあるのでしょうか。今回は20代で転職するとした場合の20代の転職における強み、弱みをそれぞれ二つずつ紹介することに致します。


20代の転職における強み①「吸収力や習得力」

20代で転職する場合に最も強みとなるのが新しい仕事に対する吸収力や習得力です。いくら外部で経験を積んだとしても転職すればその会社のことや商品、業務の進め方、取引先等々覚えなければならないことは山のようにあります。しかもその上で企業側が中途入社の社員に期待しているのは即戦力です。

企業が新卒のように一からじっくり時間をかけて育成をはかることを前提に中途採用することはまずありません。そのため中途入社の社員は自力で様々なことを習得したり、吸収したりする必要に迫られますので、その点において他の年代以上に好意的に見てもらえるのが20代と言えます。


20代の転職における強み②「将来性や可能性」

20代は社会人として、ビジネスマンとして成熟した年代とは言えません。そのため、またまだ色々な経験を積んで人間的に成長してもらう必要があることは、採用する企業側も実は十分心得ています。それでも他の年代以上に20代の中途採用者を企業が積極的に採用する理由は、そうした人間的に未完成な部分を「のびしろ」と捉えて評価している、端的に言えば若さゆえの将来性や可能性があると考え、その点に大きな期待を寄せるからです。30代、40代となると人間的には確かに成熟してきますが、逆に言えばある程度人間的に成熟しているので大きく成長することが望みにくいとも言えます。企業としては多少荒削りであっても、これからの成長性や将来性、可能性が高い方が人材として魅力的に感じられるため、この点も20代の転職における強みになっていると言えます。


20代の転職における弱み①「社会経験や実務経験の乏しさ」

20代が転職では強みを発揮しているのは事実ですが、企業側は強み①や②でもお伝えしたとおり決して手放しで20代を高く評価している訳ではありません。20代には20代特有の弱みもあることは、特に現在転職を検討している20代の方は心得ておく必要があります。その一つが何といっても「社会経験や実務経験の乏しさ」です。これは人格的な高低ではなく「時間の長短」が大きな比重を占める評価ポイントですので、一般論として20代は30代や40代には敵いません。従って20代の大きな転職時の「弱み」と言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  2. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…
  3. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンに必要なビジネスアイテムの1つである、「ビジネスバック」。一口にビジネスバックと言っても…
  2. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  3. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  4. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  5. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  6. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
ページ上部へ戻る