銀行員から他業種へ転職するときに有利になる強みとは

但し、採用する企業サイドが高学歴者に期待するのは、「高学歴だから」ではありません。高学歴の方に持つイメージは「情報処理能力の高さ」や「仕事の飲み込みの早さ」「規律を守れる常識力」です。そのため、これらを銀行の仕事でどのように活かしてきたかを伝えましょう。


銀行員の強み③:忍耐力の強さ

忍耐銀行員の業界イメージで話題になりやすいことの一つに「目標やノルマの高さ」が挙げられます。銀行の営業マンのみならず目標の高い会社や業種は他にもありますが、厳しい法令を遵守するのは当然、融資する際の審査など、乗り越えなければならないハードルが非常に多く、その上で目標達成を求められるため、モチベーションや忍耐力、精神力の強さがないと続けられない仕事です。


大事なのは業界に合わせた強みをアピールすること

金融における知識や経験、学歴など銀行員強みとしてアピールできる要素についてお話してきましたが、重要なのは業界に合わせた強みとしてアピールすることです。例えばその業界において自分の経験はどのような強みとして活かすことが出来るのか、自分の強みを相手に分かりやすく伝えることは非常に重要です。



元銀行員だったから、と過信してしまうことで、転職が上手くいかないケースがあることもよく耳にします。特に他業種への転職となる場合、銀行員に限らずそれまでの経験や知識が活かせないケースも想定しておかなくてはいけません。「銀行員」という肩書を外した時、自分にはどんな強みがあるのか、誇れる強みにはどんなことがあるのか、肩書だけに捉われない自分の強みを理解しておくことも転職を成功させるためには重要となることを忘れないようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  2. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…
  3. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  2. 近年よく聞かれるようになった「ワーク・ライフ・バランス」と言う言葉をご存知でしょうか?ワーク・ライフ…
  3. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  4. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  5. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  6. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
ページ上部へ戻る