銀行員から他業種へ転職するときに有利になる強みとは

他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもしれません。しかし反対に他業種だからこそ活かせる経験や知識などもあり、転職活動ではそうした経験などを強みとして活かしていくことが大事だという事も理解しておかなくてはいけません。今回は、「銀行員から他業種への転職」をテーマにお話して行きたいと思います。銀行員から他業種への転職時に有利になる強みはどんなところにあるのか、転職活動中の方や今後予定のある方などは忘れずにチェックしておいて下さい。


元銀行員という肩書き

まずは一般的な観点でのお話となるかもしれませんが、銀行員と言う肩書は他業種への転職において有利に働くことも多く、その経歴は大きな武器となることを知っておくことが大切です。理由としては、やはり世間一般的に「銀行員=優秀な人材」という評価があり、元銀行員と聞くと優秀な人材であるという印象を受けることがあります。銀行は入社するのが難しい業種です。ある程度の学歴なども求められますので、学生にとっての憧れの職種として挙げられることも多い業界でもあり、そうした人気の高い業界でもあることからもその経歴は大きな武器となるわけです。

このような理由などから、まず「元銀行員」と言う肩書は転職において有利な強みとなることを知っておいて下さい。特に金融の知識などを必要とする業界などにおいては、高度な知識を持つ金融のプロである銀行員としての業務経験は大きな武器となります。


銀行員の強み①:豊富な知識

知識銀行員として勤務した経験がどのような強みに繋がるのかを考えて行きますと、まず、第一に挙げられるのは「金融・経済・経営」に関する高度な知識と経験を持つ、という事が挙げられます。銀行員は金融における幅広い知識を持ち、お金を扱う上でのプロフェッショナルです。そうした職種における経験は、幅広い職種で活かすことが可能です。

お金を扱う部署や事業部などはほとんどの企業にあり、そう言った意味でも幅広い業種での活躍が期待できると言えます。銀行員時代にどのような専門分野で働いてきたのか、特に自分の経験をしっかりと活かせる職種を把握することで転職活動は有利に進めることが出来るはずです。


銀行員の強み②:情報処理能力

情報処理銀行員として勤務して人の多くは、高学歴であるケースも多く、これまでの業務経験はもちろんこうした学歴の面でも転職活動では有利に働くことが多くあります。全ての業界においてこうした点が有利になるとは言えませんが、それでもなお学歴は採用時の判断基準として大きな要素となることは間違いありません。有利に働く業界への転職である場合、しっかりとアピールしていくことも忘れないようにしていかなければなりません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  2. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…
  3. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  2. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  3. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  4. 「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関す…
  5. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  6. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
ページ上部へ戻る