30代で転職する際の「強み」と「弱み」

例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資質は度外視で「30代は不要、20代なら誰でも良い」と考える企業はまずいません。ほとんどの場合は年代だけでなく人間性や資質、能力等で評価された結果です。しかしながら、年代が採用時の評価を左右する面があるのも事実です。

正確に言えば、年代ごとに転職時に「強み」となる点もあれば「弱み」となる点があり、それら「強み」を活かせそうだと評価されれば採用に大きく前進するでしょうし、「弱み」がそのまま「弱み」として色濃く感じられた人は採用が遠のく可能性が高まります。では30代特有の「強み」と「弱み」とは一体何でしょうか。今回は30代で転職する場合の「強み」と「弱み」について解説して参ります。


30代の強み・弱み①:「即戦力」

企業が中途採用者に期待するものは「即戦力」です。即戦力と言う意味では20代より30代の応募者の方が社会経験や実務経験を長く積んでいるので、その分即戦力として活躍してもらえる可能性が高いと企業側は考えますので、年齢上最もライバルとなってくる20代と比較すれば「強み」になってきます。しかし、強みだと言って手放しで喜ぶこともできません。

例えば30代なら「実務経験10年」をアピールできる年代にもなってきますが、10年間という実務経験に寄せられる期待は決して低くありません。実務経験10年は「プロ」として完成した高い実力を身に付けていることを期待されますので、それだけ評価のハードルが高まることを意味します。そのハードルを超えていると自信を持って答えることができる実務経験がない場合には、30代では逆にその点が「弱み」になってくるとも言えます。


30代の強み・弱み②:「リーダーシップやコミュニケーション能力」

企業が中途採用者を採用する上で気掛かりな点は、職場に中途採用者がすぐに溶け込めるかどうかという点です。30代での中途入社は「新人」でありながら自分より若い社員もいる職場で上手にコミュニケーションをとってゆく必要があります。加えて30代はお伝えしたとおり即戦力として、特に若い年代の社員の手本となって引っ張ってゆくことも期待されます。つまりただ職場で仲良しになれば良いのではなく、ある程度のリーダーシップも要求されると言えます。

距離感やバランス感覚も問われる難しいコミュニケーション能力や人間関係形成能力が求められる訳ですが、こうした高度なコミュニケーションスキル等は社会経験が未熟な20代や年齢的にプライドが強くなってしまう40代、50代ではなく、30代が一番バランスが優れているであろうとの期待を企業側は抱きます。

そのような意味で、中間的な立場から様々な年代とコミュニケーションがとれる30代というのは「年代的強み」になりますが、高度なコミュニケーションスキルが期待されるためにハードルが上昇しますので、この点で不安がある方は逆に「弱み」となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…
  2. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…
  3. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  2. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  3. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  4. 中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な…
  5. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  6. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
ページ上部へ戻る