30代で転職する際の「強み」と「弱み」

例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資質は度外視で「30代は不要、20代なら誰でも良い」と考える企業はまずいません。ほとんどの場合は年代だけでなく人間性や資質、能力等で評価された結果です。しかしながら、年代が採用時の評価を左右する面があるのも事実です。

正確に言えば、年代ごとに転職時に「強み」となる点もあれば「弱み」となる点があり、それら「強み」を活かせそうだと評価されれば採用に大きく前進するでしょうし、「弱み」がそのまま「弱み」として色濃く感じられた人は採用が遠のく可能性が高まります。では30代特有の「強み」と「弱み」とは一体何でしょうか。今回は30代で転職する場合の「強み」と「弱み」について解説して参ります。


30代の強み・弱み①:「即戦力」

企業が中途採用者に期待するものは「即戦力」です。即戦力と言う意味では20代より30代の応募者の方が社会経験や実務経験を長く積んでいるので、その分即戦力として活躍してもらえる可能性が高いと企業側は考えますので、年齢上最もライバルとなってくる20代と比較すれば「強み」になってきます。しかし、強みだと言って手放しで喜ぶこともできません。

例えば30代なら「実務経験10年」をアピールできる年代にもなってきますが、10年間という実務経験に寄せられる期待は決して低くありません。実務経験10年は「プロ」として完成した高い実力を身に付けていることを期待されますので、それだけ評価のハードルが高まることを意味します。そのハードルを超えていると自信を持って答えることができる実務経験がない場合には、30代では逆にその点が「弱み」になってくるとも言えます。


30代の強み・弱み②:「リーダーシップやコミュニケーション能力」

企業が中途採用者を採用する上で気掛かりな点は、職場に中途採用者がすぐに溶け込めるかどうかという点です。30代での中途入社は「新人」でありながら自分より若い社員もいる職場で上手にコミュニケーションをとってゆく必要があります。加えて30代はお伝えしたとおり即戦力として、特に若い年代の社員の手本となって引っ張ってゆくことも期待されます。つまりただ職場で仲良しになれば良いのではなく、ある程度のリーダーシップも要求されると言えます。

距離感やバランス感覚も問われる難しいコミュニケーション能力や人間関係形成能力が求められる訳ですが、こうした高度なコミュニケーションスキル等は社会経験が未熟な20代や年齢的にプライドが強くなってしまう40代、50代ではなく、30代が一番バランスが優れているであろうとの期待を企業側は抱きます。

そのような意味で、中間的な立場から様々な年代とコミュニケーションがとれる30代というのは「年代的強み」になりますが、高度なコミュニケーションスキルが期待されるためにハードルが上昇しますので、この点で不安がある方は逆に「弱み」となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…
  2. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  3. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  2. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  3. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  4. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  5. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  6. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
ページ上部へ戻る