上司に贈る昇進祝いのマナー・メッセージ例文

係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのような昇進祝いを上司にプレゼントしますか。お世話になっている上司ですから、上司に喜んでもらえる気の利いた一品を贈りたいものですが祝いの品選びばかりに気を取られてマナーを疎かにしてしまえば、せっかくの目出度い場面に水を差すことになってしまいます。そこで今回は昇進祝いを上司に贈る場合のマナーと共に、昇進祝いの贈り物に添えるメッセージの例文をご紹介することに致します。

①昇進祝いで現金または商品券はNG

失敗

上司が昇進した場合、現金を送ることはNGです。また上司の好みが分からないから好きなものを買ってもらおうとの気持ちは理解できますが、商品券等の金券類も金額がストレートにわかるため実質的に現金と変わらず、やはり望ましくありません。部下同士で一人当たりの大よその予算を決めることは全く問題ありませんが、現金や金券類以外の贈答品を話し合ってプレゼントするようにしましょう。

②できるだけ軽量のものとし、袋も渡すようにする

重い

上司に贈答品を渡す場合、それが職場であれ宴会場であれ上司は贈答品を持ち帰る必要が生じます。重量のある贈答品を持ち帰らせることは上司に対する配慮が欠けていると言えます。贈答品としては例えば万年筆、本革製の手帳、ハンカチ、ベルト、ネクタイ等々、軽量で持ち帰りやすいものが望ましいと言えますので、贈答品を選ぶ場合の視点として単に上司の好みだけでなく、そうした視点も加えて選ぶようにしましょう。また持ち帰りを踏まえた場合、袋はあった方が便利です。

贈答品を渡すタイミングにもよりますが、袋から出して上司に渡した上で帰り間際等にさりげなく上司に「持ち帰りの際はこちらの袋をご利用ください」と渡すのがスマートです。もし贈答品を受け取った際、袋も上司から要望されたならその場で上司に袋を渡してもマナー違反等にはなりません。

③上司の昇進祝い・メッセージ例文

メッセージ

昇進祝いのメッセージは主にメールで上司へ伝えることになるでしょうから、昇進祝いのメッセージをメールで伝える場合の例文を二つほどご紹介します。

例文:1

お疲れ様でございます。
この度はご昇進、誠におめでとうございます。

○○課長より厳しくも親身になってご指導頂いた経験が、
自分にとって大きな糧となりました。

今後も課長よりご指導頂いたことを大切にし、一層精進する所存です。
私共部下は元より、会社にとって課長は無くてはならない存在です。

来週より部長として重責を担われることになりますが、
どうか健康にはくれぐれもご留意くださいませ。

課長のこれからのご活躍とご健康を祈念致しております。

例文:2

お疲れ様です。
○○課長、昇進おめでとうございます。

部下として私は課長より様々なことを教わり、
学んできたことは決して一つだけではありませんが、
中でも一番勉強になったのは課長の仕事に対する真摯な姿勢です。

新卒時より課長にはお世話になって参りましたが、
新入社員として右も左もわからない当時、
仕事にどう取り組むべきか課長の姿を通じて学んで参りました。

その姿を忘れることなく、課長のように
後進の模範となれるよう努力していく覚悟です。

新しい部署にいかれましてもどうか私達部下の存在も忘れないでください。
今後の課長のますますのご活躍をお祈り致します。

以上略儀ながら恐縮ですが、取り急ぎメールにてご昇進のお祝いを申し上げます。

上司が昇進した場合に昇進祝いを贈る場合のマナーやメッセージ等についてご紹介して参りましたが、如何だったでしょうか。せっかく昇進祝いを贈る訳ですから、上司に心から喜んで頂きたいものです。マナーと共に皆さんの気持ちを込めたメッセージを送ると共に、素敵な昇進祝いを上司にプレゼントしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  2. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  3. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  4. 中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な…
  5. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  6. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
ページ上部へ戻る