出世する人に共通する20の特徴【あなたの出世度を診断してみよう】

営業成績や実績が平均くらいなのに、周囲を押しのけてどんどん出世する人がどの会社にも一人はいます。出世する人にはいくつかの共通する特徴がありますが、その条件や性格を理解しておかないと、どれだけ頑張っても間違った方向に向かっていくことになってしまいます。それは非常にもったいないといえます。

では出世する人にはどのような特徴があるのでしょうか。また、そうした特徴に皆さんは果たしいくつ当てはまるでしょうか。今回は皆さんの出世度について診断して、いくつ自分に当てはまるかをチェックするつもりでぜひご覧ください。

1.できる理由を懸命に考える人

できる理由を懸命に考える人

出世する人の特徴として最初に挙げられるのが、仕事の進め方について「できる理由」を懸命に探そうとする人です。特に周囲が「難しい」「それは無理だ」と考えてしまうような条件であればあるほど燃え、なんとかできる方法はないか、粘り強く道を切り開こうとします。

一方で「できない」とすぐに諦めてしまう人は、出世する確率が極めて低い人物と言えます。なぜなら上司は部下の手本になる人物だから。すぐにマイナスオーラを発してしまう上司の下で部下を育成すると、部下も同じタイプに育ってしまいます。努力をせずにすぐ諦めてしまう社員は会社にとってお荷物になります。打開策を自ら率先して考えられる自立した社員は、出世する可能性が高いといえます。

2.聞き上手な人

社内のコミュニケーション量が増えれば増えるほど、組織はどんどん活性化していきますが、コミュニケーション量を増やすカギとなるのが聞き上手な人の存在です。

社員はさまざまな不安や不満、ストレスを抱えています。聞き上手な人は、悩んでいる同僚や部下から相談を受けるとうまく会話を運んで解消していくことができます。気持ちがすっきりすると相談者の活力が取り戻され、また気持ち新たに頑張ることができるのです。

昨今、必要とされているマネジメントは鞭を叩いて部下を締め付ける「ボス」タイプではなく、部下と二人三脚で走ることができる「リーダー」タイプ。聞き上手な人はリーダータイプの素質があるため、出世する人の特徴といえます。

3.上司から信頼される人

上司から信頼される人

業務に追われている多忙な上司ほど「自分の分身がいればいいのに」という想いを持っています。そのため上司が人選するときは、自分の考え方と似ていて、自分と同じように仕事ができる人を選ぶ傾向があります。

皮肉にも人事は、上司の好き嫌いによって左右されるのが現実です。上司も一人の人間。自分と似ていると感じたり、こいつとは馬が合うと思う部下を出世させるのは仕方ない事実です。

4.謙虚で、他人への感謝の気持ちを忘れない人

仕事で成功を収めた場合、自分の手柄にしたがるビジネスマンは少なくありません。特に、ほとんど自分一人で取り組んだ仕事なら、多くの人が自分の手柄として考えるでしょう。

しかし出世する人は、共同プロジェクトや合同チームで取り組んだ仕事は勿論、自分が主体となって実績を出した仕事であったとしても、自分だけの手柄だと考えずチームのおかげだと考え、周囲の人に感謝する気持ちを忘れません。

5.周囲への気配りが出来る人

周囲への気配りが出来る人

周囲に対して気配りが出来る人も、出世する人の典型的な特徴と言って良いでしょう。そもそも出世するというのは、人の上に立つということです。

権威や立場だけを振りかざして強引に部下を従わそうとする上司は今の時代、短期的な成果は出ても、長期的には高いパフォーマンスを生み出すことができません。優れた経営者はそのことを十分心得ています。

そのため自分より周囲のことを考えて行動ができたり、周囲への気配りを欠かさない律儀な人は、周囲の部下や同僚からも必要とされる人材といえます。

6.ストレス耐性が強い人

長年会社に勤めていれば、経済情勢や業界を取り巻く環境の変化があることはもちろん、自分だけうまくいかず失敗してしまうような場面が何度もあるでしょう。役職が上がれば上がるほど責任感はそれに伴って増していくため、プレッシャーを感じる度合いも大きくなっていきます。

そのため出世して上に登り詰めるためには、それ相応の覚悟と強いストレス耐性が必要になってきます。仕事ができても打たれ弱い人は、失敗が原因で尾をひく可能性があり、その後の仕事に支障をきたすこともあります。仕事は体が資本です。メンタルが強い人には出世のチャンスが巡ってくる可能性があります。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…
  2. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  3. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  2. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  3. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
  4. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  5. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  6. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
ページ上部へ戻る