経理職への就職・転職に有利な資格4選

経理職への就職や転職を目指す上で有利になってくる資格と聞かれたら、皆さんは何をあげるでしょうか。様々な職種の中で特に経理職は、資格が力を発揮してくれる職種の一つと言って良いでしょう。

では、どのような資格が経理職を目指す上で有利になるか、あるいは経理実務を行うで役立つか、数ある資格の中から4つ選んでみましたので、早速ご紹介することにしましょう。


①簿記2級以上

経理職へ就くことを考えた場合、簿記に対する知識は有利不利と言うより「必須」と言えます。

事実、経理職の求人では応募条件に「簿記○級以上」と付されている場合が大変多い状況にあります。ところが一部の意見として、昨今は自動的に仕訳を行ってくれる経理ソフトがあるから簿記に対する知識は不要と言った意見もあるようですが、経理ソフトは会社ごとの経理に対する考え方や方針に則って万能な判断を下してくれる訳ではありません。

どのような勘定科目に基づいてどのような仕訳を行うかは、会社ごとに多少異なってくるものです。そのため、経理ソフトとは異なる仕訳作業を求められた場合、簿記の知識がなければその指示が理解できなかったり、適切に業務を行えなかったりする場合が生じます。従って経理職を目指すなら、そうした雑音に惑わされることなく簿記に対する正しい知識をしっかりと身に付けておくことが大切です。

では、経理職として採用や転職時に一定以上の評価を得られる級数はどのくらいかと言いますと、基礎レベルの3級でははっきり言って不十分です。2級以上は最低限必要です。また、一部企業の求人においては「1級」を採用条件としている場合もありますので、そうした企業にも応募できるようになることを考えれば1級取得が理想的だと言えるでしょう。

しかし、簿記のことを学んだことがない方が焦って1級を目指しても簡単に取得できるレベルではありません。従って簿記資格を持っていない方はまずは2級合格を目指し、更に余力がある場合には1級取得を段階的に目指すようにすると良いでしょう。


②公認会計士

公認会計士の資格は難関国家資格の代表格であり、資格取得には相当の覚悟と努力、更には期間も必要になってきますが、もし公認会計士または会計士補の資格を取得していたとすれば、「鬼に金棒」といっても良いぐらい経理職への就職や転職は大変有利になってきます。

なぜなら公認会計士は公認会計士にしか許されない監査業務が行える上、税理士会への登録手続きを行えば税理士業務も兼務することが出来ますので、企業会計に関わる業務でやれないことはない万能資格と言えるからです。また、公認会計士を取得すれば経理職に就くことだけでなく、独立という選択肢も得ることが出来ます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  2. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  3. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  2. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  3. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  4. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  5. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  6. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
ページ上部へ戻る