経理と簿記の業務内容の違い

簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務」という業務上の違いを問われた場合、皆さんは正確に答えられる自信はありますか。経理業務と簿記業務は全く別の業務とまでは言えませんが、「経理業務=簿記業務」という訳でもありません。ではどのような違いがあるのか。今回は「業務」という観点から経理と簿記の違いについて、わかりやすく解説致します。


経理(業務)とは

経理会社運営における「経理業務」とは何かということからご説明しましょう。経理とは「会社で日々入出金されるお金を管理するための実務または事務」のことです。ではお金を管理する事務にはどのようなものがあるかということですが、例えば会社が相手にお金の支払いを要求する場合には「請求書」を作成し相手へ送るという作業が発生します。この請求書を作成し相手に送る作業も経理業務の一つです。

逆に会社がお金を支払う場合は「請求書」を受取り、請求内容を確認した上で特定の期日に指定された銀行口座へ振込手続きを行いますが、これも経理業務です。また、お金の出入りが生じた場合には伝票を起票して帳簿に付けることで管理しますが、伝票を起こしたり、帳簿を作成すると言った業務もまた経理業務なのです。その他、会社は従業員の給料を計算して給与を支払ったり、決算書を作成し税務署に確定申告を行ったり納税したりする必要もありますが、こうしたお金に関わる業務も事務も経理業務に含まれます。


簿記とは

簿記「簿記」とは一定のルールに従ってお金や物の出入りを帳簿に記録する方法のことです。次に「簿記業務」とは何かですが、「簿記」と「簿記の業務」は特に区分されて使用されている訳ではありませんが、特に「簿記”業務”」と表現した場合には「お金の出入りを帳簿に記録すること」となります。この定義からお分りになったとおり、「簿記業務は経理業務の一部」なのです。

経理業務には請求書を作成したり、振込処理をしたり、給与計算したり等々の様々な業務が含まれてきますが、その経理業務の中でも特に重要な業務が簿記業務と言って良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. エレベーターの行き先を取り消すキャンセル方法

    エレベーターの行き先ボタンを間違えて押してしまうと、ドアが開いて閉まる一連の動作をする間、しばらく待…
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  3. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  2. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  3. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  4. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
ページ上部へ戻る