経理と簿記の業務内容の違い

簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務」という業務上の違いを問われた場合、皆さんは正確に答えられる自信はありますか。経理業務と簿記業務は全く別の業務とまでは言えませんが、「経理業務=簿記業務」という訳でもありません。ではどのような違いがあるのか。今回は「業務」という観点から経理と簿記の違いについて、わかりやすく解説致します。


経理(業務)とは

経理会社運営における「経理業務」とは何かということからご説明しましょう。経理とは「会社で日々入出金されるお金を管理するための実務または事務」のことです。ではお金を管理する事務にはどのようなものがあるかということですが、例えば会社が相手にお金の支払いを要求する場合には「請求書」を作成し相手へ送るという作業が発生します。この請求書を作成し相手に送る作業も経理業務の一つです。

逆に会社がお金を支払う場合は「請求書」を受取り、請求内容を確認した上で特定の期日に指定された銀行口座へ振込手続きを行いますが、これも経理業務です。また、お金の出入りが生じた場合には伝票を起票して帳簿に付けることで管理しますが、伝票を起こしたり、帳簿を作成すると言った業務もまた経理業務なのです。その他、会社は従業員の給料を計算して給与を支払ったり、決算書を作成し税務署に確定申告を行ったり納税したりする必要もありますが、こうしたお金に関わる業務も事務も経理業務に含まれます。


簿記とは

簿記「簿記」とは一定のルールに従ってお金や物の出入りを帳簿に記録する方法のことです。次に「簿記業務」とは何かですが、「簿記」と「簿記の業務」は特に区分されて使用されている訳ではありませんが、特に「簿記”業務”」と表現した場合には「お金の出入りを帳簿に記録すること」となります。この定義からお分りになったとおり、「簿記業務は経理業務の一部」なのです。

経理業務には請求書を作成したり、振込処理をしたり、給与計算したり等々の様々な業務が含まれてきますが、その経理業務の中でも特に重要な業務が簿記業務と言って良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…
  2. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…
  3. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  2. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  3. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  4. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  5. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
  6. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
ページ上部へ戻る