学歴フィルターを導入する企業・通過する大学一覧

就活生の皆さんなら、就活用語の一つである「学歴フィルター」という言葉についてご存知かと思われます。学歴フィルターについては、その存在の有無について様々な憶測や根拠のない噂などが数多く乱れ飛んでいる状況にあります。

そこで今回は当編集部のネットワークを活かした独自取材をもとに、学歴フィルターが存在しているかどうか明らかにして参ります。就活生必見の記事です!

学歴フィルターとは

学歴フィルターとは

学歴フィルターとは、「学歴の高くない大学出身者を選考の早い段階で落として、学歴の高い学生の中から採用選考すること」です。書類選考や一次面接で学歴の高くない学生は落とされる傾向にあります。表向きは「学歴不問」でも、膨大な応募数を効率的にふるいにかけるために学歴フィルターを導入するのです。

結論:「学歴フィルター」を導入している企業は存在する!

では学歴フィルターが存在するかどうかについて、就職倍率で数千倍を超える超人気企業の人事担当者から、社名を明かさないことを条件として明確に回答を得た事実として、「学歴フィルター」を設定している企業は確実に存在するというのが結論です。

ただし、日本の全ての企業が学歴フィルターを設定している訳では勿論ありません。また、学歴フィルターの設定は「○○業界なら必ず」だとか「東証一部上場企業はどの会社も」といった単純な括りで括ることもできないことも付け加えておきます。

東証一部上場企業で学歴フィルターを設定している企業もあれば、同じ東証一部上場であっても、そうした学歴フィルターは一切設けていない企業も多数存在しています。また、先に紹介した人事担当者の話では同一企業であっても全ての募集職種において学歴フィルターを設定している訳ではないそうです。つまり同じ企業であっても、学歴フィルターがある職種とそうでない職種が混在している場合もあるということです。

また、企業によっては学歴フィルターを年度によって設定したり、設定しなかったりといったこともあるようで、こうした複雑な状況が学歴フィルターに関する様々な憶測や都市伝説的な噂を招いてしまっている背景になっていると言えます。

学歴フィルターを導入している企業の特徴

学歴フィルターを導入している企業の特徴

ではどのような企業が学歴フィルターを設定している可能性が高いのでしょうか。企業側は絶対と言って良いほど、学歴フィルターを設定していたとしても、その存在を公に認めることはありません。そのため、どうしても「可能性」で判断するしかありませんが、主には次のような企業が学歴フィルターを実施している場合が多いと言えます。

・毎年就職人気ランキングで上位となり、説明会の参加応募数が多い企業 ・知名度が全国レベルの東証一部上場企業 ・大手総合商社 ・投資系金融機関 ・コンサルティングファーム ・グローバルに事業展開を行っており、世界中で求人を行う大企業 ・高度な知識が求められる企業

ただし、繰返しとなりますが、留意して欲しいことはこれらに該当する企業が全て学歴フィルターを設定している訳ではないということです。大切なことは、「東証一部上場の有名企業=学歴フィルター設定」といった単純な図式化のもとに学歴フィルターを理解しないようにすることです。

学歴フィルターを通過できる難関大学

学歴フィルターを通過できる可能性が高い大学一覧をご紹介します。難関企業の求める能力・経験値によってもフィルターがかかるラインは違います。あくまでご参考程度にしてください。

国公立 東京大学、一橋大学、京都大学、各大学の医学部医学科、北海道大学、東北大学、筑波大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、東京外国語大学、横浜国立大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、国際教養大学、首都大学東京、東京農工大学、千葉大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、金沢大学、京都工芸繊維大学、大阪市立大学、岡山大学、広島大学、小樽商科大学、埼玉大学、電気通信大学、東京学芸大学、横浜市立大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、京都府立大学、奈良女子大学、大阪府立大学、神戸市外国語大学、熊本大学
私立 慶応義塾大学、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学、東京理科大学、中央大学(法学部)、同志社大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、津田塾大学、関西学院大学、関西大学、立命館大学

企業が学歴フィルターを導入する2つの理由

企業が学歴フィルターを導入する2つの理由

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  2. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  3. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
  2. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  3. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  4. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  5. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  6. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
ページ上部へ戻る