会社説明会をドタキャンしたときの謝罪メールの書き方・例文集

就職活動をより良く進めるためにも、会社の説明会を無断欠席するのは避けるべき行為といえます。しかしながら、急な体調不良でやむを得ずドタキャンしてしまった場合や、見送るつもりで説明会はドタキャンしてしまったものの、その後の心境変化により、改めてその会社を志望する場合もあるでしょう。

志望しない会社であっても、説明会の参加予約を行っていたなら事前に断りの連絡を入れてお詫びすることが筋です。また会社説明会を無断欠席したけれども、今後その会社を志望するつもりならドタキャンについて謝罪することが最低限必要なマナーと言えます。そこで今回は、会社説明会でドタキャンした場合に、どのような謝罪メールを書けば良いのか、例文と共にご紹介することに致します。

謝罪メールの例文集

では例文を見ながら、謝罪メール文の具体的なポイント事項等を確認することにしましょう。

例文(1)

株式会社〇〇
人事部 課長 〇〇〇〇様

突然のメール送付をご容赦ください。

私は、去る〇月〇日の貴社説明会への参加を予約致しておりました、
〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。
説明会に参加する予定で前日まで準備しておりましたが、
本日急に体調が悪化してしまいました。
そのため事前に御連絡できずに不参加となってしまいましたこと、
誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。

もしお許し頂けるようでしたら、
ぜひ次回の貴社説明会に参加させて頂きたいと考えておりますが、
その前に、今回の非礼をお詫びしたく勝手ながらメールを差し上げた次第です。

この度は誠に申し訳ございませんでした。

〇〇大学〇〇学部3年
〇〇 〇〇

無断欠席してしまったことを簡潔にお詫びすると共に、次回の説明会に参加する意欲・意思を表した例文です。説明会に参加したい意向を伝える場合には「参加したいのですが、いかがでしょうか」と相手にお伺いを立てるような言い方がより丁寧に感じられるかも知れません。しかし、採用担当者は忙しい立場。相手に返信を依頼するような内容は避けるべきです。そのため、「説明会に参加します」と言い切った方が好ましいでしょう。

例文(2)

株式会社〇〇
人事部 課長 〇〇〇〇様

ご多用のところ、突然のメールにて失礼申し上げます。

〇月〇日開催の説明会への参加を予約しておりました、
〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。

当日、私事にて緊急の用事が生じましたため、
不参加の旨を事前連絡することが出来なくなってしまいました。

ご多用のところ席を確保して頂いたにも関わらず、
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。
また、参加できなかったことは自分自身も残念でなりません。

もし再度説明会の機会がございましたら、
厚かましいお願いとなり畏れ入りますが
是非参加させて頂きたいと存じます。

その折は何卒宜しくお願い申し上げます。

〇〇大学〇〇学部3年
〇〇 〇〇

参加できなかったことを残念に思う気持ちがある場合、その思いを率直に伝えても構いません。ただし、自分の思いを伝える場合でも長々と書くのではなく、上記例文のようにワンフレーズ程度で簡潔にまとめることがポイントです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司に依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    上司への依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    会社で仕事をしていると、上司に頼みごとをお願いしたり、部下に依頼するなど、お互いを助け合うことは日常…
  2. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  3. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  2. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  3. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  4. 腹黒い人の6つの特徴と対処法
    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…
  5. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  6. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
ページ上部へ戻る