アンドプラスとは

アンドプラスとは

アンドプラスは、ビジネスマンが仕事で直面するさまざまな困難を乗り越えることを支援するビジネス情報サイトです。具体的には、20〜30代のビジネスパーソンが仕事で活用できるビジネスノウハウを、以下のカテゴリ別に情報を発信しています。

アンドプラスが発信するビジネスカテゴリ一覧

ビジネスマナー
営業
マネジメント
転職
経営
ライフスタイル

ビジネスマンが成長するときは、必ず成長に見合った苦労や困難を乗り越えなくてはなりません。仕事で悩んだ時や壁にぶつかった時、また別の生きる道を模索するときは、アンドプラスをご覧頂けると確かな情報を手に入れることが可能です。

 アンドプラスのコンセプト 

アンドプラス

アンドプラスは「実用性が高く、読むと分かりやすい情報」をコンセプトとして運営しています。アンドプラス編集部や企業経営者・トップビジネスマンが、実際に過去に経験したビジネスのノウハウを中心に掲載していきますので、普段のビジネスシーンで活用してください。きっとあなたのお役に立てるはずです。

Facebookページ

アンドプラスのfacebookページ

Twitter

アンドプラスのTwitter

Google+

アンドプラスのGoogle+ページ

仕事をもっと楽しもう!アンドプラスは仕事をもっと身近に感じて頂き、また楽しい存在になるような働き方をしてほしいと願っています。世の中のほとんどの人が、人生の大半の時間を仕事に費やしている中で、仕事を楽しめないと人生そのものが辛いものになってしまいます。「こんなことを達成したい!世の中の人の役に立ちたい!出世してこうなりたい!」そんな前向きな気持ちを形にする支援が、アンドプラスを通じてお手伝いしたいと思っています。

PICK UP 記事

  1. 2015-8-3

    やりたい仕事がないときに探す対処法4選

    私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか

    2017-7-22

    忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか

    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  3. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】

    2017-7-13

    FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】

    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  4. 2016-6-2

    履歴書の満年齢の正しい意味と書き方

    履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  5. 2016-3-19

    転職時に卒業証明書が必要な場合の発行方法

    転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…

ピックアップ記事

  1. おおらかな人の7つの特徴
    いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなった…
  2. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】
    職場には上司や先輩、部下など、役職の違う社員の人がたくさんいます。上司や先輩の名前を呼ぶとき、相手の…
  3. 営業でミスしたときの謝罪方法
    仕事のミスでお客様に迷惑をかけたとき、謝罪するのはビジネスの基本ルール。放置しておくとクレームになる…
  4. 日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大…
  5. 些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまう…

ピックアップ記事

  1. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  2. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  3. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  4. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  5. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  6. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
ページ上部へ戻る