実力主義・成果主義の会社で働くメリットとデメリット

実力主義、成果主義、このような制度を採用する会社は能力を発揮しやすい会社であるとの印象を受ける人も多かもしれません。同じ仕事をするなら、成果に見合った評価や待遇を受けられる環境で働きたい、そう考えることから実力主義や成果主義の会社を志望する人も多くおられるかもしれません。

しかしそこにはメリットだけでなく、デメリットなどが存在することを忘れてはいけません。実力主義、成果主義の会社で働くことについて、メリットとデメリット両方の側面から理解しておくようにしましょう。今働いている会社から実力主義の会社への転職したい、このようにお考えの方は、特にデメリット面についてしっかりと理解しておくようにしましょう。


実力主義、成果主義の会社で働くメリット

まずはメリット面から見て行きたいと思いますが、実力主義、成果主義の一番のメリットは「成果が給与や出世などとして評価される」という点にあります。成果を出した分、給与が多く貰えたり、出世して役職などがつき立場が上がったり、と形として評価されることになります。日本の多くの会社ではまだまだ年功序列の風習が残っている事も多く、そのような会社で働いている場合、成果を出してもそれがすぐに昇給や出世などに繋がるわけではありません。その点成果主義であれば、例え他の社員より経験が浅かったとしても結果を出せばライバルや先輩よりも先に出世することも可能になります。

このように成果がすぐ評価に繋がる環境であることは「モチベーション」が上がりやすく、仕事に対する意欲が高まりやすい側面があります。反対に、いくら結果を出してもそれに対して評価されない環境では、モチベーションをアップさせるどころか維持させることすら難しくなるのは人間の心理として当然だと言えるかもしれません。


企業側のメリットは

実力主義、成果主義は働く側だけでなく、企業側にとってもメリットがあります。それは優秀な人材が集まりやすく、またそれぞれが切磋琢磨して競い合う、成長に繋がりやすい環境が生まれやすくなることです。実力主義、成果主義を望む人の特徴として、スキルが高く経験も豊富な人材が多くなる傾向があります。そうしたスキルの高い人材の獲得にとっての大きな魅力となり、そうした人材が集まれば集まるほどハイレベルな競争の場となり、企業にとっても理想的な職場環境の構築へと繋がっていきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…
  2. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  3. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
  2. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  3. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  4. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  5. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
  6. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
ページ上部へ戻る