マーケティングミックスの4Cとは

皆さんはマーケティングミックスの「4C」についてご存知でしょうか。ひょっとして皆さんの中にはこの質問や記事のタイトルにある「4C」は「「4P」の間違いではないか」と気を揉まれたり、首をかしげたりされている方もいるかも知れませんが、どうかご安心ください。マーケティングミックスにおける「4P」は代表的理論として健在です。が、時代は「4P」だけでなく「4C」が重視される時代へと変化を遂げてきました。では「4C」とは何か。今回はマーケティングミックスの「4C」について解説致します。


マーケティングミックスとは

まずは「マーケティングミックスとは何か」という基本事項から確認しておくことにしましょう。「マーケティングミックス」とは簡単に言えば、商品が売れるようするために様々な手段を「ミックス」することです。

例えば商品を売るためには宣伝広告をした方がよいでしょうし、品質や機能が殆ど同じ競合商品が存在しているならその商品より安い価格に下げた方が売れる可能性が高まるかも知れません。要は商品を売れるようにするための手段は一つではありませんので、商品を売るための手段を複数考えて組み合わせることで、市場で最も効果的に商品を売る仕組みを考えることが「マーケティングミックス」なのです。


マーケティングミックスの「4P」とは

マーケティングミックスの基本的な概念が理解できれば、「4C」の前に生まれた元祖マーケティングミックスのフレームワークと言える「4P」についても理解しやすくなります。「4P」とは市場で商品を売るための組み合わせとして不可欠とも言える4つの要素のことで、その4つの要素のアルファベットの共通した頭文字のPをとって「4P」と名付けられました。Pを頭文字とする4つの要素とは次のとおりです。

・製品(Product)
・価格(Price)
・流通(Place)
・プロモーション(Promotion)

これら4つの要素が、マーケティングミックスにおいて最も重要な要素と考えれられてきた訳です。


マーケティングミックスの「4C」とは

「4P」は、主に市場へ商品を供給する側即ち「売る側」からの視点から導き出された要素です。しかし時代はご承知のとおり「買う側」が市場のキャスティングボードを握るようになってきました。そのため、売る側の視点から導き出された「4P」は時代遅れと言われるようになり、買う側の視点で考えられた「4C」が「4P」に代わって新たに注目を浴びるようになってきました。「4C」とは以下の4つのことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…
  2. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  3. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職サイトを利用したことがある方、またはご覧になったことがある方なら重々ご承知かと存じますが、どの転…
  2. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  3. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  4. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  5. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  6. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
ページ上部へ戻る