マーケティングミックスの4Cとは

皆さんはマーケティングミックスの「4C」についてご存知でしょうか。ひょっとして皆さんの中にはこの質問や記事のタイトルにある「4C」は「「4P」の間違いではないか」と気を揉まれたり、首をかしげたりされている方もいるかも知れませんが、どうかご安心ください。マーケティングミックスにおける「4P」は代表的理論として健在です。が、時代は「4P」だけでなく「4C」が重視される時代へと変化を遂げてきました。では「4C」とは何か。今回はマーケティングミックスの「4C」について解説致します。


マーケティングミックスとは

まずは「マーケティングミックスとは何か」という基本事項から確認しておくことにしましょう。「マーケティングミックス」とは簡単に言えば、商品が売れるようするために様々な手段を「ミックス」することです。

例えば商品を売るためには宣伝広告をした方がよいでしょうし、品質や機能が殆ど同じ競合商品が存在しているならその商品より安い価格に下げた方が売れる可能性が高まるかも知れません。要は商品を売れるようにするための手段は一つではありませんので、商品を売るための手段を複数考えて組み合わせることで、市場で最も効果的に商品を売る仕組みを考えることが「マーケティングミックス」なのです。


マーケティングミックスの「4P」とは

マーケティングミックスの基本的な概念が理解できれば、「4C」の前に生まれた元祖マーケティングミックスのフレームワークと言える「4P」についても理解しやすくなります。「4P」とは市場で商品を売るための組み合わせとして不可欠とも言える4つの要素のことで、その4つの要素のアルファベットの共通した頭文字のPをとって「4P」と名付けられました。Pを頭文字とする4つの要素とは次のとおりです。

・製品(Product)
・価格(Price)
・流通(Place)
・プロモーション(Promotion)

これら4つの要素が、マーケティングミックスにおいて最も重要な要素と考えれられてきた訳です。


マーケティングミックスの「4C」とは

「4P」は、主に市場へ商品を供給する側即ち「売る側」からの視点から導き出された要素です。しかし時代はご承知のとおり「買う側」が市場のキャスティングボードを握るようになってきました。そのため、売る側の視点から導き出された「4P」は時代遅れと言われるようになり、買う側の視点で考えられた「4C」が「4P」に代わって新たに注目を浴びるようになってきました。「4C」とは以下の4つのことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…
  2. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  2. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
  3. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  4. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  5. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  6. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
ページ上部へ戻る