マーケティングの基本「3C分析」とは

会社の経営や営業などを進めていく上で重要とされる3C分析というものがありますが、この3Cというのがいったい何であるかをきちんと知り、それぞれの役割を見極めていくことが企業の発展につながる事もあります。マーケティングの要ともなる部分でもあるので、きちんと分析できるようにいろいろな情報を身につけましょう。


3Cとは一体何の略なのか

3cビジネス社会で使われる業界用語などはたくさんありますが、その中でも会社の経営やマーケティングに欠かせないのが3C分析と呼ばれるものです。この3Cとは、市場(顧客)「Customer」・競合「Competitor」・自社「Company」のことです。これはマーケティングを行う上で欠かせない3つの情報を分析するというもので、それぞれについて分析を行い、自分たちの業務を成功に導くための道筋の設定にもかかわります。マーケティングに必要な市場(顧客)・競合・自社についての情報や仕組みを理解し、よりニーズにこたえたり対価をもらえるように対策を考えるものです。


把握することで進行方向が定まる

マーケティングまずはこの3Cの一つである市場(顧客)「Customer」ですが、この市場(顧客)というのは、経営を進めていく上で非常に大切な道しるべともなります。会社や企業は全てこのCustomerがあってこそ成り立つのです。そのため、成功への道として、市場調査や顧客に対し自分たちが求められていることを把握し、そのために何をどのように行っていくかというマーケティングの軸にもなります。

たとえば、商品を販売している会社の場合「今売れている商品は何か」「どんな商品が人気なのか」「お客様が求めているのはどのような商品なのか」といったことを分析するのがCustomerとなります。必要な物をきちんと知り、そのニーズにこたえるという部分で一番のベースといえるでしょう。

また、その中で考えられることとして、「その商品を仕入れるためにはどのようにするのか」「どれだけのコストと労力を必要とし、どれだけの利益を得られるのか」という予算案や計画を出すこともできます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  2. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  3. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  2. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  3. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  4. 上司や取引先から返事が来ないときに催促をスムーズに行う方法
    取引先や上司に、依頼や質問をしたのになかなかその返事が来ないときの対処法について述べます。友人や家族…
  5. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  6. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
ページ上部へ戻る