マーケティングの基本「3C分析」とは

会社の経営や営業などを進めていく上で重要とされる3C分析というものがありますが、この3Cというのがいったい何であるかをきちんと知り、それぞれの役割を見極めていくことが企業の発展につながる事もあります。マーケティングの要ともなる部分でもあるので、きちんと分析できるようにいろいろな情報を身につけましょう。


3Cとは一体何の略なのか

3cビジネス社会で使われる業界用語などはたくさんありますが、その中でも会社の経営やマーケティングに欠かせないのが3C分析と呼ばれるものです。この3Cとは、市場(顧客)「Customer」・競合「Competitor」・自社「Company」のことです。これはマーケティングを行う上で欠かせない3つの情報を分析するというもので、それぞれについて分析を行い、自分たちの業務を成功に導くための道筋の設定にもかかわります。マーケティングに必要な市場(顧客)・競合・自社についての情報や仕組みを理解し、よりニーズにこたえたり対価をもらえるように対策を考えるものです。


把握することで進行方向が定まる

マーケティングまずはこの3Cの一つである市場(顧客)「Customer」ですが、この市場(顧客)というのは、経営を進めていく上で非常に大切な道しるべともなります。会社や企業は全てこのCustomerがあってこそ成り立つのです。そのため、成功への道として、市場調査や顧客に対し自分たちが求められていることを把握し、そのために何をどのように行っていくかというマーケティングの軸にもなります。

たとえば、商品を販売している会社の場合「今売れている商品は何か」「どんな商品が人気なのか」「お客様が求めているのはどのような商品なのか」といったことを分析するのがCustomerとなります。必要な物をきちんと知り、そのニーズにこたえるという部分で一番のベースといえるでしょう。

また、その中で考えられることとして、「その商品を仕入れるためにはどのようにするのか」「どれだけのコストと労力を必要とし、どれだけの利益を得られるのか」という予算案や計画を出すこともできます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  2. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  3. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  4. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  5. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  6. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
ページ上部へ戻る